2011年11月アーカイブ

             

 

ワクワクパーティー 017.JPG

 

 

 

久しぶりの良いお天気、布団を干しているお宅もありました。

 

今日は、木次・松江・安来・松江と忙しく現場を移動しました。安来の現場へ向かう車の中から見えた大山。青い空に雪を頂いた大山がキリッと映えてとてもきれいでした。おばあちゃんのカメラだったらもっときれいに写ったのになぁ・・・・・・・

 

 

dokidoki 001.JPG

 

 

 

昨日、三成幼稚園さんからどきどきパーティーに招待して頂き、ダーリンと二人で昼食をごちそうになりました。

 

 

ワクワクパーティー 006.JPG

 

 

 

幼稚園の玄関へ入ると子供達が出迎えてくれて、子供たちが自分たちで考えて作った遊園地や迷路を通り抜け、ショッピングモールへ・・・・・

 

 

こっち、こっちと子供達に手をひかれ狭い通路や、手造りのすべり台を滑り久しぶりに楽しい時間でした。

 

あまりにも楽しみすぎて、画像を取ることなどすっかり忘れていました。

 

子供達から手渡された、お財布には牛乳瓶のふたで作ったお金と使用済みのテレフォンカードがおポイントカードの代わりに入っていて、お店やさんでお買い物するとしっかりレジでポイントをカードに加算してくれましたよ。

 

レストランに八百屋さん、アイスクリームショップもありました。私達の感覚からいくと、緑のアイスはメロン!!なんですが、これは抹茶だよ!!という子供たち。最近はそうなんだ!!とビックリ。

 

 

八百屋さんの野菜にはパワフル!!という言葉が添えてあり、とっても栄養があるから少し高いんだよ!!という言葉にもビックリ。でも、残り少なくなっていたので値引き・・・・・これは笑ってしまいました。

 

 

上の画像は、ケーキ屋さんで販売していた物。可愛らしいでしょう!!!

 

 

 

ワクワクパーティー 007.JPG

 

 

 

これは、ミックスハンバーグですよ。彩りも考えて、緑の野菜も入っています。

 

 

 

ワクワクパーティー 008.JPG

 

 

 

みんなで楽しんだ後は、昼食会。

 

本日のメニューは夕焼けごはんと根っこの汁、フルーツポンチ。足らない材料はサンクスへみんなで買いに行ったんだよ、と話してくれました。

 

みんなで、賑やかに植えて刈り取ったお米にニンジンのすりおろしとジャコを加えて焚いた夕焼けごはん。

 

畑で作った、サトイモやジャガイモやニンジン、土の中で奥出雲のパワーをいっぱいもらった野菜をたっぷり入れた根っこの汁。

 

みんなが大好きなフルーツがいっぱい入ったフルーツポンチ。

 

いろんな話をしながら食べた、昼食はとっても美味しかったです。

 

 

ワクワクパーティー 012.JPG

 

 

ワクワクパーティー 014.JPG

 

 

 

子供達は、もちろん良いお行儀で、おかわりもしっかりして、みんな揃って、ごちそうさまでした。

 

 

今年も、三成幼稚園さんとの楽しい思い出がいっぱい出来ました。

 

ごちそうさまでした、ありがとうございました。又、一緒に遊ぼうね!!

 葬式 069 - コピー.JPG

 

 

 

11月とは思えないような天候。

 

我が家は、まだ灯油も準備していません。

 

寒さが、厳しくないのはうれしいんですが後が怖い・・・・・・!!

 

 

 

少し報告が遅くなりましたが、11月2日にあお君の初めての大イベント、七五三のお参りがありました。

 

残念ながら、実家の父が月末から危篤状態だったので、せっかくご招待を受けていたのに、私はもちろんダーリンもお祝いは辞退して、病院へ詰めていました。

 

仲良しのお友達のおばあちゃんのお店で良い子で着付けをしてもらい、保育所へ直行。お友達や先生に褒めてもらって気分は絶好調でした。

 

あお君の七五三は、実家の父も、とても楽しみにしていたので、病室まで見せに来てくれました。

 

実家の母も、父の入院中というタイミングではありましたが、思いがけず、ひ孫の可愛らしい七五三の姿を見ることが出来て喜んでいました。

 

残念ながら、父は前日の午後から意識がない状態だったので、あお君の晴れ姿を自分の目で見ることはできませんでした。

 

でも、心臓が止まるその瞬間まで耳は聞こえていると聞いています。

 

危篤状態の、重苦しい雰囲気の中、一瞬、いつもと変わらない元気で弾んだあお君達の可愛らしい声で呼びかけられ、病室にいた全員のうれしい雰囲気を十分に感じ取り、父はとても満足していたと思います。

 

日付けが変わって直ぐに、安心して父は旅立ちました。

 

人生の終わりに、とっても幸せな時間があって良かったね・・・・・・・・・あお君、ありがとう!!

 

 

                                            葬式 034.JPG

 

 

 

今月の初めに実家の父が亡くなり、バタバタしていた最近の私です。

 

去年の秋には、ダーリンのお父さんを送り、1周忌が無事すんだのもつかの間、今年は自分の父親を送るなんて思ってもいませんでした。

 

親を送る年代になり、なんだか心細くなってしまった今日この頃・・・・・でもいつまでもしんみりしていては、父に怒られます。初七日も終え、今日から又、ブログ再開です!!

 

 

ダーリンと共通の同級生、松原義美くんの作品展が、町内で開かれています。

 

夏には、県立美術館で開かれ、1000人もの来場者があったようです。前回は、どうしても都合がつかず、お邪魔出来なかったので、地元で開かれた今回、ダーリンと二人でお邪魔しました。

 

 

 

葬式 014.JPG

 

 

 

ダーリンと一緒に撮れば、この大きさがわかってもらえたのに・・・・・・・

 

樹齢2000年、屋久杉の拓本屏風です。

 

拓本が施されている大きなサイズの和紙にもビックリ。この大きな和紙を漉く事が出来る所は日本に1カ所しかないそうです。

 

これを、見ただけでも、屋久杉のパワーも貰えるような気がしました。

 

 

葬式 013.JPG

 

 

黒柿・屋久杉……これを染料にした染物の作品展?????と想像していましたが・・・・・・なんと、黒柿・屋久杉のきれいな木目を薄~くスライスし、細く裂いて糸状にし特許をとった風化防止加工を施して織った織物でした。

 

上の画像は、薄くスライスした屋久杉とそれを小さく糸状に裂いたシートです。

 

こんな、技術も、彼が狭いようで広い、日本国内を一生懸命探しまわって、見つけた日本の素晴らしい技術です。

 

 

 

葬式 010.JPG

 

 

 

木目がきれいに出ている帯。

これが、この木目の部分が本当の木を使ってあるなんて信じられませんよね。しかも、手触りは、布のようにとってもソフトです。光沢もあり、とっても素敵です。

 

 

葬式 018.JPG

 

 

柄の部分にうっすらと木目が出ているのわかりますか?

 

 

葬式 019.JPG

 

少し、趣の変わった帯。こちらもうっすらと木目が・・・・・・・

 

 

 

 

葬式 015.JPG

 

 

 

着物と合わせると、もっと素敵

 

 

 

 

葬式 023.JPG

 

 

これは、ばっちり木目が出ていますよね。シックな色合いも素敵です。

 

 

 

 

葬式 020.JPG

 

 

 

 

葬式 025.JPG

 

 

 

 

葬式 028.JPG

 

 

 

葬式 024.JPG

 

 

小物類。黒色と合わさって、木目が映えて素敵!!

 

 

 

 

葬式 016.JPG

 

 

葬式 038.JPG

 

 

私の一番のお気に入り・・・・・・藍染の反物にスライスした木目のシートで笹船に乗ったフクロウを形どって貼り付け、手書きで水の流れを書き込み、これを加工。

 

反物の織をほどき再度織りあげたとっても手の込んだ、とっても素敵な反物です。(義美くん、これで正解だったっけ???)

 

愛らしいフクロウと川の流れ、藍染の色合いがあいまって、とってもとっても可愛らしい印象的な作品です。

 

 

 

葬式 022.JPG

 

 

 

うさぎ?草履?

 

うさぎでしょうね。可愛らしい帯。年齢がいっても、こんな可愛らしい帯をすれば、心が若返るでしょうね。

 

 

葬式 027.JPG

 

 

 

葬式 026.JPG

 

 

 

このバッグも、可愛らしいですよね。

 

 

葬式 037.JPG

 

 

入り口から入ると一番に目に着く、この鮮やかテーブルランナー。

 

シルクロードをイメージして作ってあるとの事。

 

耀変織り と呼ばれる特殊な織り方で、見る方向によって違う模様が浮かび上がります。

 

片方は、シルクロードのまだ見ぬ国々を思い浮かべるような模様、反対方向からは、日本の雰囲気を表した模様。

 

中央には、黒柿の木目も入っています。

 

鮮やかなグリーンと、素敵な図柄に感激!!!

 

 

葬式 012.JPG

 

 

 

葬式 011.JPG

 

 

この帯と、額も同じ工法で織られたものです。

 

正面から写しているので、両方の柄が重なっていますが、角度により、片方づつだけしかしか見えません。

 

 

 

葬式 029.JPG

 

 

葬式 030.JPG

 

 

 

愛らしい、金魚の絵。

 

現地では廃棄処分になっていた、屋久島百年杉の枝を使った拓本絵です。

 

筆やペンなど使わずに、直径が10CM位の原木だけを使って、しかも下絵無しで、作り上げられたこの作品。

 

種類が沢山あったんですが、残念ながらデジカメの充電切れ

 

しっかり、目に焼き付けて帰りました。

 

 

 

 

久しぶりの、ブログ更新で一気に書き上げてしまいました。

 

 

記憶力が悪くなって、松原くんに説明してもらった全てが書きこめていないし、若干ちがっている項目もあるかも知れませんが・・・・・・・

 

 

作品展、横田地区は刀剣館とデザイン学校横のガラス工芸館で明日13日まで。

仁多地区は、15、16日に阿井の一味同心塾で開かれます。

 

織物というより工芸品。なかなか見るチャンスもないと思いますよ。

 

ぜひ、ぜひ、のぞいてみて下さいね。