2014年5月アーカイブ

P1050998.JPG今日は、夏のようでした。

 

今回は、広島でレッスンいたしました。

松江の和菓子、奥出雲の和菓子と、

ちょっと珍しい?と思っていただけたらいいですね。

 

もちろん、広島にもおいしい和菓子はたくさんあります。

今回のテーマは、『お茶会』です。

実生活の中でも、お友達とご家族とお茶を飲む時間は

たくさんあると思います。

みなさんが、おいしいお菓子を食べて、楽しい時間を過ごされるよう、

何かのヒントになればと思います。

 

私自身も楽しませていただきました。

 

P1050941.JPG

今日の空は、よく晴れています。

 

木次の生徒さんは、出雲市からいらっしゃってます。

しかも、午前中はお仕事だそうです。

 

ほんとうに、ありがたいと思います。

お疲れの中、お昼も食べずに、車を飛ばして、

レッスンを受けていただいて。

 

今回も心をこめて、しっかりとレッスンさせていただきます。!!

 

 

P1050928.JPG

今日の空は、朝方までの雨のせいで、くもっています。

 

6月テーマは、『お茶会』でございます。

6月16日は、”和菓子の日”です。

この日は、疫病を除き健康招福を願って、

1+6=7の7種類のお菓子をいただくと良いとされています。

 

 

それで、今回は、7品用意いたしました。

喜んでいただけたら、うれしく思います。

 

そして、もう一つ、お勉強していただきたいのが、

”アフタヌーンティー”でございます。

一般的にティーパーティーはアフタヌ-ンティーのことを指します。

時間で言いますと、14~16時に行います。

日本でいう、”3時のおやつの”と同じなのかもしれません。

 

♫ 考え中

|

P1050969.JPG

今日の空は、小雨のようです。

 

6月のテーマは、『お茶会』にしようと思っております。

6月は、梅雨に入り、じめじめしているし、

外出するのも面倒に思う方もいらっしゃると。

 

そこで、「うちでお茶でもいかが?」とお誘いし、

おしゃべりはずむ、楽しい時間を過ごせるのではないでしょうか。

という想像の中、コーディを考えております。

 

お茶菓子は、

地元の『松葉屋』さんの”和クッキー”をお出ししようと思います。

とてもおいしいので、いつかレッスンで使いたいと思っておりました。

 

 

口の中でポロポロとくずれて、

柔らかさが口の中で広がり、

ほどよい甘さでおいしさを残して消えてしまいます。

P1050834.JPG

今日は、くもり空。雨が降るかもしれません。

 

広島レッスンをしてまいりました。

とても、良い天気で、

窓から見える瀬戸内海がとてもキラキラしていました。

 

とても良い景色の中で、レッスンができるなんて、

恵まれていると思います。

 

今回のレッスンタイトルは、『マダムの女子会』でございます。

この日のお申込み方は、

”マダム”という言葉がぴったりの方々で、

華やいだ雰囲気の中でやらせていただきました。

 

この日のポイントは、やはり「色」でございます。

私が習っている頃は、

テーブルの上は、ぱっと見で、3~4色と教わりました。

 

これが、私にはとても難しく、泣かされておりました。

それも、長年やり続けると、

コツというものがわかってきます。

♫ 料理教室

|

 P1050811.JPGのサムネール画像

 

今日の空は、とても良く晴れていました。

 

広島のレッスンにともなって、

少し早めに広島入りいたしました。

 

今回は久々に、料理教室に参加いたしました。

私の友人であり、料理の先生でもある、檜山先生は、

とても、たくましい女性です。

彼女と話をしていると、

ポジティブに前をむくことができます。

本当に、元気の素を注入していただいております。

 

檜山先生と知り合ったのも、

テーブルコーディネート教室です。

 

ですから、

料理だけではなく、とても素敵な器のコーディでございます。

 先生らしい、かわいらしいテーブルコーディネートです。

いつも、楽しみにしております。

P1050747.JPG

今日は、一日中雨のようです。

 

木次でレッスンをしてまいりました。

いつものように、

お三人さまのご参加で、若い方なので、

女子会のような、レッスンでやらせていただいております。

 

この日のレッスンのタイトルは、『マダムの女子会』でした。

”マダム”と呼ばれるまでは、まだまだ先のお三人ですが、

マダムという言葉の響きを楽しんでいただいたみたいです。

 

私自身もそれなりの年齢を重ね、

もっともっと、素晴らしい女性に慣れるように、

奥出雲での生活をおくりたいと思っております。