仁多地域2

|

仁多地域にある仏閣その2を紹介します。

信楽山・聞善寺,運龍山・覚融寺,瑞洞山・総光寺,柏木山・覚念寺,高雲山・十満寺,長谷山・妙楽寺,龍華山・了瑞寺,青龍山・専福寺,太平山・長栄寺(2)
 

信楽山・聞善寺

 

  monnzeji.jpg

○所在地 島根県仁多郡奥出雲町亀嵩1594
○宗派 浄土真宗大谷派
○本尊 阿弥陀如来
○開基 多賀與四郎通定
○開山 祐正大徳
○現住職 多賀良信(15世)
○沿革 開基は飯石郡掛合の城主多賀與四郎通定で、累代月山富田城主尼子氏の幕下であった。永禄のころ尼子の戦の際、嫡子鶴若丸は乱軍を逃れ、吉田村菅谷で剃髪して祐正と号した。慶長年間(1596-)仁多町角木に草庵を結び、のち亀嵩玉峯山麓に照蔵坊と称する草庵を開き、浄土真宗東本願寺末となった。寛永2年(1625)照蔵坊を聞善寺と改め、現在地に堂于を建立した。現在の堂于は文化8年(1811)の再建で、9代宣啓の時である。
名工村上吉五郎は父覚五郎とともに工事にあたり、幾多の手腕を残している。庫裡は弘化3年(1846)10代啓準のときに再建されている。
○主な法要・行事
・初法座=2月
・彼岸会=3月/9月
・永代経法要=7月
・報恩講=2月17日
 

 

運龍山・覚融寺

  kakuyuuji.jpg

○所在地 島根県仁多郡奥出雲町亀嵩393
○宗派 臨済宗妙心寺派
○本尊 阿弥陀如来
○開基 心月院殿和中覚融大居士(三沢為理)
○開山 南華和尚
○中興 固山智堅和尚
○現住職 安部光亮(14世)
○沿革 大内義隆の幕下山名氏が仙洞御所の領地を侵した。そのため三沢氏は横田の藤ケ瀬と亀嵩の玉峯山に分家した。そのときに三沢の妙巌寺(現蔭凉寺)に住んでいた南華和尚は三沢為理に従い天文年間(1532-1554)にこの地に移った。第5世固山智堅和尚のとき寺運隆盛したため、中興開山と称して毎年中興忌を行っている。本尊仏像は弘法大師の作と伝えられている。
末寺に大龍寺(横田町竹崎)・妙巌寺(横田町大呂)・報恩寺(横田町横田)・永祥寺(同)・惣持寺(同)・常高寺(仁多町河内)・善勝寺(仁多町三成)がある。
○主な法要・行事
・元旦会=1月1日-3日
・彼岸会=3月/9月
・中興開山忌=7月29日
・山門施餓鬼会=8月
・お盆=8月15日
 

瑞洞山・総光寺
 

  soukouji.jpg

○所在地 島根県仁多郡奥出雲町亀嵩2236
○宗派 曹洞宗
○本尊 阿弥陀如来
○開基 三沢六郎三郎為仲
○開山 不見明見和尚
○現住職 千葉哲雄(38世)
○沿革 嘉元3年(1305)開基三沢為仲は、郡村に7堂伽藍を建立した。その後開山不見明見和尚は、現在の地に郡村から移転した。不見和尚は三沢為昆の嫡子で、22歳のとき能義郡雲樹寺で戒を受け、丹後の国永沢寺の開山通幻禅師の法を継ぎ、至徳2年(1385)帰国した。郡代龍野九郎左衛門と同心協力して伽藍を再建した。15世照淳和尚の代に堂宇は破壊されたが、十方の喜捨を請い再建した。本尊の阿弥陀如来像は聖徳太子の作と伝えられている。
末寺に十満寺(亀嵩)・日光寺(上三所)・玉雲寺(佐白)・報恩寺(八代)・妙楽寺(上阿井)・大吉寺(河内)・普叟寺(横田)・総覚寺(大東)・栄福寺(下久能)・龍徳寺(阿用)・善明寺(阿用)・弘安寺(海潮)・宗円寺(掛合)・梅窓院(給下)・円光寺(安濃郡刺鹿村)・全洞寺(都賀村)がある。
○主な法要・行事
・大般若祈祷会=1月1日-3日
・彼岸会=3月/9月
・開山忌=7月3日
・お盆会=8月14日-15日
 

柏木山・覚念寺

  kakunenji.jpg

○所在地 島根県仁多郡奥出雲町亀嵩1599
○宗派 浄土宗
○本尊 阿弥陀如来
○開基 尊也和尚
○開山 道也和尚
○中興 行誉道成和尚
○現住職 千葉哲雄(総光寺兼職)
○沿革 創立年代ははっきりしないが、建長6年(1254)に開基の尊也和尚が入滅しているので、それ以前であろう。天正年中(1573)に廃寺同然となったのを、行誉道成和尚が再興した。宝暦年中(1751-)に風災のため破損したが、安永年中(1772-)仮堂を建設したが、寛政年中(1798-)の亀嵩町火災の際に類焼した。当時は現在地より一段高い場所にあったが、火災後現在地に再興した。しかし時の藩主より伽藍に制限を加えらたので、安政3年(1856)この制限が解かれるのを待って、現在の堂宇を桜井源兵衛直昇の拠金によって改築した。本尊の阿弥陀如来像は行基菩薩の作と伝えられる。
○主な法要・行事
・元旦祭=1月1-3日
・彼岸会=3月・9月
・中興開山忌=7月29日
・山門施餓鬼会=8月
・お盆

 

高雲山・十満寺

  juumannji.jpg

○所在地 島根県仁多郡奥出雲町亀嵩1584
○宗派 曹洞宗
○本尊 称陀勢至観音
○開基 横山嬾秀和尚
○開山 横山嬾秀和尚
○現住職 千葉哲雄(総光寺兼職)
○沿革 寛永元年(1624)中湯野奥(現在十満寺田という水田)の総光寺13世横山嬾秀和尚の隠居所として建立したものである。天保13年(1842)現在地に移転した。
○主な法要・行事
・旧初午稲荷祭
・大施食会=8月
・秋彼岸中日慰霊祭
・塔婆回向
・年末先亡供養=12月

 

長谷山・妙楽寺

  myourakuji.jpg

○所在地 島根県仁多郡奥出雲町上阿井494
○宗派 曹洞宗
○本尊 如意輪観世音菩薩
○開基 長谷川 峰
○開山 横山嬾秀和尚
○現住職 -
○沿革 阿井鯛ノ巣山ろく長谷の地に宿坊12坊中の一寺(真言宗)として創立された。その後焼失のため大上の地に移され、妙喜庵と称し、唐墨城主伊達印旛守入道俊に外護され城の鬼門除けとして建立された。その後焼失したので元禄3年(1690)現在の地に寺名を妙楽寺と改め、曹洞宗に改宗して、総光寺13世横山嬾秀和尚を請し開山とした。開基長谷川峰が父母菩提のため如意輪観世音菩薩を本尊とし、本堂を建立寄進した。享保2年(1717)夏、秀巌和寺が堂于を一新、安政3年(1856)春松江市桐岳寺より黙庵達道和尚を請して発願とし、その弟子文萬逸山和尚と檀家の力により再建された。 
○主な法要・行事
・大般若会=1月1日-3日
・彼岸会=3月・9月
・位牌堂供養=4月23日
・施食会=8月4日


 

龍華山・了瑞寺
 

  ryouzyji.jpg

○所在地 島根県仁多郡奥出雲町上阿井516
○宗派 浄土真宗大谷派
○本尊 阿弥陀如来
○開基 了明庵釈了源法師
○開山 了明庵釈了源法師
○現住職 史陀真海(15世)
○沿革 元天台宗であったが、了源法師のときに浄土真宗に改宗した。堂宇建立ははっきりしないが、元禄14年(1701)の洪水のため流失し、本尊御影が土中に埋没した。そのころ境内に古松があり、松平直政が巡国の際に流枝の上に畳を敷いて酒宴を催したが、洪水の後、63年して山崩れがあり、堂宇庫裡も壊れ老松も枯死した。そのため直政が堂宇建立に努力して再建した。その後、享保年間本堂再建、文政3年(1820)本堂再建、明治18年(1885)本堂を再建し、明治20年鐘楼を新築した。
 本尊阿弥陀如来立像(寛永16年=1639)・親鸞上人御影(天和3年=1683、真如上人染筆)・本願寺教如上人御影(元禄12年=1699、一如上人染筆)・三国之七高祖御影(正徳元年=1711、真如上人染筆)などが寺宝としてある。
○主な法要・行事
・彼岸会=3月・9月
・盂蘭盆会=8月
・永代経=8月
・報恩講=11月28日

 

青龍山・専福寺
 

  sennpukuji.jpg

○所在地 島根県仁多郡奥出雲町上阿井1139
○宗派 浄土真宗大谷派
○本尊 阿弥陀如来
○開基 義丹法師 
○開山 義丹法師 
○現住職 卯木晃哲(17世)
○沿革 元真言宗であったが、徳川時代の初期に教如上人に帰依して真宗に改宗し、明和4年(1767)第6世義丹法師の末寺となった。明治26年(1893)上阿井町の大火で堂于が焼失したが、信徒の喜捨浄財によって本堂、庫裡を再建し、明治36年10月6日遷仏式を執行した。
本尊阿弥陀如来木像は、中川忠順氏の鑑定によると、鎌倉時代の作であるという。
寺宝として高祖御影、従如上人御影、聖徳太子御影、七高僧御影(龍樹菩薩、天親菩薩、雲鸞大師、円光大師、道綽禅師、源信和尚、源空和尚)がある。
○主な法要・行事
・彼岸会=3月/9月
・お盆=8月13-16日
・報恩講=11月28日
 

太平山・長栄寺
 

  tyoueiji.jpg

○所在地 島根県仁多郡奥出雲町下阿井254
○宗派 曹洞宗
○本尊 11面観世音菩薩
○開基 中嶋藤左衛門夫婦
○開山 青山融祝和尚
○中興 光山正玉和尚
○現住職 梶谷玄雄(17世)
○沿革 創立年代ははっきりしないが、慶長以前は観音寺と称していた。慶長元年(1596)に下阿井の豪農中嶋藤左衛門が、寺司の光山正玉和尚と協議して長栄寺と改称した。このとき木次町大龍山洞光手第6世青林融祝和尚を請して第1世の開山とした。宝永4年(1707)3世要山玄指和尚のとき伽藍を再建し、三條釜座和田信濃大椽藤原国次に命じて、下阿井小字川子原で梵鍾を鋳造させた。天保6年(1835)第12世大光金海和尚のとき伽藍を改造した。本尊11面観世音は安阿弥の作と伝えられる。
末寺として禅隆寺・宝福寺があった。禅隆寺は下阿井字井戸にあった。ここは黙堂宗心の開いた所で、後に横田に移り普叟寺となった。移転後長栄寺5世孫徹翁林髄が隠居寺をその後に建立したが、明治の初期に焼失した。宝福寺は奥湯谷にあり、長栄寺の末庵と称していた。
本尊は聖観音で行基菩薩の作と伝えられている。またこの寺は米山城主米山禅正の建立でその位牌寺であった。
○主な法要・行事
・三朝祈念=1月1-3日
・涅槃会=2月
・彼岸会=3月/9月
・潅仏会=4月
・御開山忌=5月8日
・盂蘭盆会=8月
・両山忌=9月
・達磨忌=10月
・施食会=8月
・成道会=12月

高龍山・大吉寺,松雲山・蔭凉寺,金谷山・光善寺,石雲山・常高寺,八頭山・玉雲寺,大人山・法恩寺,月石山・日光寺,延命山・大徳寺,積登山・善勝寺(1)



 

カレンダー

カテゴリ