2018年2月アーカイブ

ねこの日

|

  

2月22日

にゃんにゃんにゃんだから。

 

らしいです。

 

こんにちわ。

犬に日は1月11日じゃなくて11月1日。

つかさです。

 

 

さて、いつもの確認。

111.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だんだん減りますねー。

 

 

 

ん!?

222.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおお!

ただでさえお安い三井野原が

さらにお安く温泉まで入らせてくれる。

 

神。

 

これはみなさん是非三井野原へ。

 

 

ところで私

来週は全日本スノーボード技術選手権に島根県代表として出場してきます。

皆さんオリンピックとあわせ、こちらも応援よろしくお願いしまーす。

 

では、そろそろ花粉が・・・と言う方もどうぞご自愛ください。

つかさでしたm(--)m

なんだか

|

  

暖かいな?

 

ちょっと雪が降ったと思ったら

すぐ気温上がっちゃう(泣

 

こんにちわ。

二月は逃げる。

つかさです。

 

いつものように確認確認。

 

miinoooo.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おや?

 

miinoooo2.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わお!

ただでさえお安い三井野原が

平日行けばさらにお得!

 

これは平日行くしかないな。

もちろん休日も行かなきゃ。

 

お仕事もちゃんとしなきゃ。

 

うーーーん。

 

 

では皆さんウィンタースポーツの怪我だけは十分注意してご自愛ください。

つかさでしたm(--)m

インフルエンサー

|

 

になりたい。

 

インフルエンザでも某アイドルの歌でもないですよ。

影響者です。

こんにちわ。

つかさです。

 

インフルエンザ流行ってますねー。

確かインフルエンザって流行って意味だから

流行が流行してるってちょっと何言ってるかわかんないけどって

サンドウィッチマンみたいになっちゃいそうです。

 

みいの.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

案外降りませんね。

雲南や松江の方が多いくらいです。

 

この時期三井野原に1m無いなんて(泣

 

まあ滑れるだけ感謝しましょう。

 

それでは3連休は皆さんぜひ三井野原へ足を運んでいただきますようよろしくお願いいたします。

つかさでしたm(--)m

 

OSS_bn.jpg

この記事は、昨年1月24日に掲載したものです。
今夜から、収束した寒気による雪雲が断続的にかかり、大雪になる恐れが出ています。
(さきほど大雪警報が発令されました。)はやめの対策・行動をよろしくお願い致します。
・・・この記事は、ちょうど私が最後の予報士試験受験直前に書いたもので、懐かしく思います。

あっという間に年が明け、もう1月も終盤。1年でもっとも寒い時期になりました。ご無沙汰しています。OSS担当のきたです。いろいろと忙しさ・・・というか、気分的に追い込まれているなかで放置プレイでした><

さて、いよいよ本格的な雪、というか想像以上に大雪となり、除雪作業にてんやわんやの町内です、
ワタシも、家からクルマを出す際に、道の真ん中でスタックしてしまい、近隣の皆さんに助けていただきました。(この場を借りますが、今朝方は本当にありがとうございました><)

と ころで、1月15日の山陰中央新報(社会面)で、日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)に関する解説が載っていました。こういう気象現象が詳しく取り上げられ ることは珍しいので、感心して読んでいました。今回の大雪や2010年~2011年の年末年始に発生した山陰豪雪は、いずれもこのJPCZが大きく関わっ ています。

まずは、その前段として、日本海側が世界的にも豪雪地帯となる理由についておさらいしてみましょう。

こ の時期の日本付近は、ちょうど温暖な空気と極側の冷たい空気の間になり、上空を強い西風が吹きます。日本の西には大陸があって、(特に北西のシベリア付近 には)強い放射冷却により地表付近に冷たい空気がたまります。冷たい空気は重たくなり、地表付近にどんどんたまっていきます。こうして、大陸には背の低い 高気圧が発達します。(日本の西に高気圧)

一方、日本周辺は海洋に囲まれ相対的に暖かい一帯になります。また、大陸南部も温暖なため、シベリア付近との熱的バランスが限界を超えると、それぞれが不安定さを解消しようと運動を始め、西風に揺らぎが生まれます。この揺らぎが、低気圧となります。

低気圧が日本付近を通過するときには、東(太平洋側)の暖気と、大陸から南下する寒気によって、運動エネルギーが大きくなり、結果的に低気圧が発達し日本の東に移動しながら、時に停滞します。(日本の東側に低気圧)

こうして、”西高東低”と呼ばれる気圧配置が出来ます。

大 陸から噴出す冷たい空気は、もともとは乾燥した空気ですが、日本海を吹走するうちに、温暖な海水面から水蒸気(潜熱)と、顕熱の供給を受け空気が変質しま す。そして日本海で対流雲が発達し、日本海側に雪を降らせます。こうした地形的な理由こそ、日本の日本海側が世界的にも豪雪地帯といわれる所以です。

こ のとき大陸から噴出す寒気が、地形の影響を受け走向が変わることがあります。ちょうど北朝鮮あたりには白頭山と呼ばれる2,700m級の高山や山脈があ り、この影響を受けて気流が分かれます。そして、山地の南北を迂回した気流は、下流で合流します。(収束といいます。) このとき合流した空気は、上空以 外に逃げ場がないので、上昇流となります。この強制的に上昇させる力が、対流雲をさらに発達させるのです。

この現象でできる降雪帯を、日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)と呼びます。
主に、北陸南部~山陰地方に影響を及ぼす現象です。

下の図は、今朝(※平成29年1月24日)の風の様子。
昨日よりは収まっていますが、山陰沖に風が収束しているところが確認できます。

oss170124.jpg

(参考 earth:a global map of wind

今 回の山陰の大雪、もちろん単純にいえば、強い寒気が南下したために起こったものですが、付加的な要因としては、この収束帯が山陰付近を直撃し、断続的に発 達した雪雲がかかったことがあげられます。2010年~2011年の年末年始に発生した山陰豪雪も、同じように山陰沖に強いJPCZが発生し、松江以東で 大雪となりました。(面白いことに、松江で56cmも積もりましたが、出雲市では10cm程度しか積もらなかった記憶があります。)ちょうどJPCZの雲 帯の境が宍道湖辺りにあったのでしょうか。

一言で大雪といっても、様々な要因が影響しあって起こっていることがよくわかりますね。

今回の大雪は、もう少しで落ち着きそうですが、まだまだ除雪が追いついていない方が多いと思います。
除雪中の事故で亡くなられた方もいます。十分お気をつけください。

 

 

 

奥出雲サイエンススクエアでは、日常の科学分野に関する皆さまふとした疑問に、
スタッフが可能な限りお答えします。
また、この記事などがきっかけで、ぜひ科学分野に興味をもってもらえたらと願いつつ・・・。
なお、記事の内容は、ほとんど担当の記憶で書いていますので、誤りのご指摘や
異なった見解、ご意見ご要望なども、ぜひお待ちしています。 

諸々のあて先は、以下の通りです。
support@okuizumo.ne.jp

では、また次回もお楽しみに___〆(・ェ・^)そほど。

(きた)

 

 

南南東

|

 

節分荒れ。

がんばれ。

 

こんにちわ。

思ったほど雪降らない。

つかさです。

 

 

えーのー 2月 036 005202;22.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の番組に出てくる鬼ちゃん。

お楽しみに。

 

昔恵方巻きって太巻きとか巻き寿司とかって言ってましたよね?

実は恵方巻きって言う言い方が広まったのはコンビニの戦略です。

 

今年は南南東ですよ。

時計で言うと25分ぐらいのとこ。

 

とりあえず柊に鰯くっつけて雪ごいしておきます。

 

では鬼は外!福は内!

つかさでしたm(--)m