2010年3月アーカイブ

強風と寒さの中でお祭りが

|

今週21日(日)、前夜から台風並みの暴風雨で当日の朝、「ヒカミの新酒祭り」の昇り旗、テントの設置判断に苦労したが何とか風も収まり、準備を遂行する。しかし午後になって寒さのほうが一段と厳しくなったが、ご来場いただいた皆さんは昨年より50名も多く、祭りを盛り上げていただき、参加者の皆さんに感謝するのみである。

 

 

2010新酒祭り終了

|

P3210006no2_640.jpg21日(日)朝9時、昨日より20度近い寒さとなるが、ヒカミの新酒祭りオープニングとして、鏡開きを奥出雲町長、社長、御来場者代表の計4名の皆さんにより行っていただき、町長の乾杯の御発声で祭りを開始をする。そして400名ばかりのご来場を頂き、午後4時無事終了する。

今月の二つのイベント無事終了?

|

先週の19日(金)20日(土)米子市コンベンションセンターにて第一回山陰しんきんビジネスフェアがあり参加。一日目は「楽天、ぐるなび」などネット関連、問屋との商談会があり一人で出かける。二日目は一般消費者の皆さんへ、商品のPRと販売があり二人で出かけ、午後5時無事終了する。

いよいよ新酒祭りが来週に、

|

 

簸上新酒祭りテレビデーターno2.png一昨日から、冬に逆戻りした奥出雲町、明日からは気温が徐々に上がり春めいてきそうな予感。来週週末は第一回山陰ビジネスフェアが米子市で、そしてヒカミの新酒祭が21日(日)に開催。ジョウホウ奥出雲でも明日からご案内の放映を、一週間。忙しい毎日になりそうである。

新酒研究会で最優秀賞に

|

F1000166_512.JPG3月に入り各地で新酒の出来栄えを評価する研究会、品評会が次ぎ次ぎに予定されているが、今年最初の新酒研究会(鑑評会)が出雲市杜氏組合で昨日(4日)行われ、小社のお酒が3年ぶりに最優秀の出雲市長杯に輝く。これを皮切りに山陰地方、中国地方、全国品評会に弾みをつけてほしいものである。

新酒祭りに向け各自、始動

|

   平成21年(、009,3ブログ) 002no3_640.jpg06,  簸上新酒祭り 026no6_512.jpg008、3月23日新酒祭り 005no5_512.jpg     毎年行っている3月第三日曜日、21日(日)のヒカミの新酒祭り、今年も今週から準備に取り掛かる。内容的には、ほぼ同じだが、今年から新しくオープニングに鏡開きを行う。奥出雲町長にも参加いただき、社長と一般参加者の数名で、鏡を木槌で開いていただく予定。又、 ご来場者お楽しみ抽選会には、これまでの町内食事券10名様、大吟醸生原酒720ml(限定品)5名様、の他、純米七冠馬300ml菰樽7名様、純米七冠馬生「しぼりしな」720ml5名様と予算を倍増し、皆さんに喜んでいただける内容の抽選会にした。上の写真はこれまでの新酒祭りの風景写真です。