2012年5月アーカイブ

ひとり言

|

P2220034_512.jpg本日、会社に国税局(広島)から一通の郵便が届く。内容は海外へお酒を輸出の際、昨年の三月十一日以後、放射能の影響地域県か否かを含めた書類「お酒のもろみ製造以後の経過簿、詰め口帳簿までの20数枚」が一回の輸出の度、必要であった。それが、今月の15日以降、省略化するとの通知であった。二か月に一回程度の輸出(韓国、オランダ、ブラジル)があったが、いくら少量のお酒であっても、注文から出港まで短期間に国税局へ英文化した書類を作成し、その証明書を発行していただく作業は、頭の中が年々固くなる者には、気苦労であった。しかしこれからは、インボイス、パッキングリスト、原料産地証明、輸出免税証明書など最低の書類は必要であるが、大幅に書面が減ったことは、大変喜ばしい。昨年末に仕込み、深み味が増したお酒「無濾過寒仕込み」を飲みながらのひとり言。

 

むらくの丘のシャクナゲは

|

ゴールデンウィーク最後の休日(今日6日)、恒例のシャクナゲ祭りが、「よりみちマルシェ」を主会場に行われた。会場ではテント村、ブラスバンド演奏、子供用じゃんけん大会、ラジコン大会など開催された。むらくもの丘シャクナゲ園のシャクナゲ1300本の内、早咲きは先日の大風で散り、残りは今週末が見ごろになるようだ。

ゴールデンウィーク、さくらオロチ湖へ

|

昨日から4日間がゴールデンウィークのお休み。新緑を求め散策をと考えていたが、今日午前中まであいにくの天気。昼食後、尾原ダム周辺まで車を走らせる。