2009年3月アーカイブ

展示替えの為による、休館のお知らせ

EPSN0054s.jpg只今公開中の、秋・冬季企画展『絵画と漆器の彩り』は4月2日の午前中まで公開予定です。

4月2日の午後から4月4日までは、展示替えの為休館させて頂きます。

 ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。 

 

 

 

 

尚、EPSN0053s.jpg春季展『奥出雲の春を楽しむ』は、

4月5日からの公開となります。

又のご来館をお待ちいたしております。

〈今回の展示について〉

有形民俗資料コーナーでは、絲原家の祝儀に使用した道具や打ちかけ、

又、楽器や遊戯具を展示しています。

EPSN0055s.jpg

遊戯具.jpg

今回初展示の『八雲琴』

八雲琴.jpg

※八雲琴(写真奥)

 江戸時代後期に、出雲で生まれた二弦琴。

 その源流は中国の七弦琴といわれる。文政3年伊予国の中山琴主が出雲大社に参詣祈念中に、神のお告げにより案出したもので、音は妙音を奏でる。出雲地方の枕詞にちなみ“八雲琴”と命名された。

 八雲琴譜によれば、この琴は『竹をもって造る、桐・杉にて造るも竹節を存す』とあって、竹型に造ることが約束とされる。

主として祭祀用の楽器として大正時代頃まで、宮人や趣味家の間で用いられた。

今日のお天気は曇り・・・  まだまだ、寒いです。

本日の記念館の様子です。

EPSN0053s.jpg

EPSN0054s.jpgEPSN0052s.jpg

はやく、あたたかくならないかな・・・