洗心の路だより(秋天好日)

|

今日は全国的に穏やかな秋の一日。

当奥出雲も、秋の陽射しが一杯に射しています。

今年は朝夕の冷え込みも厳しくなく、まだ朝霜も下りません。この為、一部の雑木やドウダンツツジが色付き始める程度でカエデの紅葉は、もう少し時間がかかりそうです。P1060877s.jpg

P1060902s.jpg

そんな中“洗心の路”の林間では、種々のキノコが秋の訪れを告げるように、切り株やコケに生えて来ました。P1060897s.jpg

P1060901s.jpg

P1060904s.jpg

また、リンドウが鮮やかな紫色の花をつけ、白いシュウメイギクも秋風に揺られています。P1060880s.jpg

P1060882s.jpg

そして、木洩れ日の間の林野ではカンワラビが育ち、シソ科のミカエリソウがピンク色の、テンニンソウが白色の小花を密生させています。

P1060885s.jpg

P1060895s.jpg

P1060893s.jpg

また、イノシシも食べないマムシグサが毒々しい鮮赤色の実をトウモロコシ状につけています。P1060899s.jpg





ProFile

絲原記念館

~杉木立と清冽なせせらぎ  

 の中、歴史・文化と自然が

 あります~

●開館時間:

 午前9時~午後5時

  (入館は午後4時まで)

●休館日:展示替日、年6日

 (3月・6月・9月下旬に

            各3日)

 年末年始(12/30~1/3)

●入館料:(3ヵ所一括)

 記念館・庭園・洗心乃路

     大人1,000円(800円)

     大高生700円(550円)

     中小生300円(250円)

 ( )内は20名以上の

            団体料金

●住所:〒699-1812

 島根県仁多郡奥出雲町

         大谷856-18

●TEL0854(52)0151

 Fax0854(52)0159

http://www.itoharas.com/

・絲原家の3つの“カンコウ”

(Ⅰ)記念館館蔵品(絲原家14代にわたって伝承して来た、藤原定家筆「明月記断簡」、円山応挙筆「孔雀図」、松平不昧公ゆかりの「茶道具」等の美術工芸品)と国登録文化財の絲原家居宅(一部)、出雲流の庭園などを光”

(Ⅱ)たたら製鉄の資料、製品、模型や豪荘な屋敷まわりなどで、かつて奥出雲で栄えた鉄師の生活を光”

(Ⅲ)門前の杉木立やせせらぎ、奥手の林間散策路「洗心の路」で、奥出雲の四季を“寛光”



カレンダー