2014年7月アーカイブ

ついに梅雨明け!!
夏本番です!!

絲原家周辺に咲くお花を紹介します。

記念館前にはネジバナ。
くるくると可愛いお花です。


楓滝前にヒメヒオウギズイセン。


洗心乃路の露地門を奥へ進むと
キンシバイやギボウシ。
カワラナデシコも可愛く咲いています。


オレンジ色で存在感たっぷりなのは
ヤブカンゾウ。


いたるところにヤマジノホトトギス。


洗心乃路で心地よい風を感じながら
木陰で鳥の鳴き声を聴いていると
とても癒されますよ♪

 

 

全国的に梅雨真っ盛りで、早い梅雨明けが待ち遠しいこの頃です。
絲原記念館では一足早く夏季展“涼風を呼ぶ絵画・器物と抹茶煎道具”を開催しています。

入館入口までの回廊軒先に“風鈴”約 20 個を吊り下げ、入館者の方々に展示品を見るだけでなく、風が奏でる音も楽しみながら奥出雲の夏の一日を楽しんでいただけたらと思っています。



夏季企画展「涼風を呼ぶ絵画・器物と抹茶・煎茶道具」

展示期間:平成 26 年 7月 3日(木)~9月 28 日(日)
休館日:会期中無休
開館時間:午前 9時~午後 5時(但し、入館は午後 4時ま で)
入館料:一般@ 650 円(@550 円)、大高生@ 450 円(@350 円)、
    中小生@ 250( @200 円) ※( )内は 20 名以上の団体料金
 
    【記念館・庭園洗心乃路 一括入場料】
    一般@ 1,000 円(@800 円)、大高生@ 700 円(@550 円)、
    中小生@ 300( @250 円) ※( )内は 20 名以上の団体料金

 美術工芸品は、 伝雲舟等楊筆「夏景山水図」(室町 )・長澤蘆雪筆「芭蕉図」 (江戸・ 襖四面 )・香積寺風外筆「瀑布図」 (江戸・双幅 )・池田琴峰筆「渓流ニ香魚図」(大正 )など夏の涼感を招く絵画8点と伊万里焼金彩鯉図大皿 (江戸 )など夏の飲食器及び盃類約 30点、ビードロ・ギヤマンを含むガラスの飲食器約 30 点と、来遊した文人達が愛で楽しんだ煎茶・抹道具 (日本に茶をもたらし隠元及び喫の方確立とされる 石川丈山筆等の掛軸 15 点と道具類約 70 点)を展示。
 有形民俗資料品は、夏の涼を呼ぶ帷子 (松江藩主より拝領 )・絽紋付・浴衣 (与謝野晶子よりの贈答品を含む )等の衣類と、行水用具 (盥・足拭)と洗顔・髪結(耳盥・合せ鏡)・御歯黒道具類やランプ・眼鏡 、変り結びの風呂敷等約 70 点を展示。

 

 

猛暑日続き…
台風が過ぎ去ってから
全国的に猛暑日になっていますね。
奥出雲でも30℃を超える陽気ですので
お出かけの際はご注意ください。


絲原記念館では夏季企画展「涼風を呼ぶ絵画・器物と茶道具」を
開催中です。
今回は記念館入口に風鈴を置き、展示のみならず涼風をお楽しみ
戴きたいと思っております。
P1120796.JPG


さて、今朝、心地よい風が吹き通る洗心乃路を
散策してきました。


キンシバイとギボウシが見ごろを
迎えています。




他にもヤマジノホトトギスやスイレン、
ウツボグサなども咲いています。




赤くなったホオズキが1つだけありました。
夏ですね!