【6月の活動】 土屋丸帰航!

|

仁多ライオンズ・土屋丸帰航例会
○6月18日(木)18:30~ 6月第2例会「第1141回」・土屋丸帰航 於:玉峰山荘
今月は、土屋会長が一年間の任期を終えられる今年度最後の例会となりました。7月に土屋丸が出航して早くも一年、押し寄せる多くの荒波を越えて無事に帰航されました。
 今年度の仁多ライオンズクラブのスローガン「寛容と奉仕の心でWe・Serve」のもと、重点目標に掲げられた「会員増強(プラス4名)」を達成されるとともに、献血協力はじめ地域に密着した奉仕活動に取り組まれた土屋会長の功績を称えますとともに、会員が協力してそれぞれの任務を果たし、各事業とも大きな成果を上げられましたことに誰もが満足しているのではないかと思います。
 土屋会長から一年を振り返って全活動に成果を上げられたのも会員の皆さんのおかげと感謝の挨拶があり、各委員長からは取組みに対しての感想が述べられました。
1506-1.png
 
 今月の会員スピーチは、奥出雲町農業委員会の地区担当委員で広報誌の編集委員でもある金倉弘美さんに、農業委員会発刊の「農業委員会だより」から農業委員の目標や活動について話していただきました。
 本町の農業を取り巻く状況が厳しい中、「農業委員会だより」を通して情報提供を行うとともに、農家の皆さんの代表として農業・農村の振興等に取り組まれるということです。
 また、今回発行された第1号の表紙に使われている絵「牛と弟」は、金倉さんの肥育されている子牛が昨年の奥出雲町肉用子牛共進会で特選(主席)を受賞されたときに、絵画で多くの賞をもらっている阿井地区の藤原恵太君(仁多中)が描いてくれた思い出の牛だそうです。
1506-2.png
 
 また、この日は優秀農家表彰式が行われ、認定農業士として奥出雲町の農業発展に貢献されている「石原 久夫」様が表彰されました。例会終了後は和室に移動し、土屋丸帰航を祝して懇親会が開催されました。
 この一年間、多くの事業に取り組まれた皆さま、本当にご苦労さまでした。
1506-3.png

その他6月の活動
○6月4日(木)12:30~ 6月第1例会(第1140回)  於:建設会館
・誕生祝い2名
・国際協会336複合地区第61回年次大会(5/24高松市開催)結果報告他
1506-4.png

○6月6日(土)13:00~ 次期クラブ三役研修会  於:大田市「あすてらす」
 ・ライオンズクラブは7月1日から新役員体制でスタートしますので、次期三役(会長、幹事、会計)が出席し、クラブ運営等の職務遂行に関わる研修会が開催されました。
 この日は1R~3R(県内43クラブ)の全体会議と会長、幹事・会計の分科会が開催され、それぞれに講義を受けられました。そして、次年度はライオンズクラブ国際協会会長に日本から34年ぶりに、山田實紘会長(美濃加茂ライオンズクラブ)が就任され、ライオンズクラブ誕生100周年を迎えますので、私たちも記念行事やさまざまなプログラムが行われることを承知しておかなければなりません。
1506-5.png

○6月11日(木)18:00~ 6月理事会  於:建設会館
 ・会計及び委員会報告
 ・クラブ会報発刊協議、「クラブ強化への青写真」取組み協議他

○6月21日(日)14:00~ 第4回地区ガバナー諮問委員会  於:出雲ロイヤルホテル
          15:45~ 2リジョン新旧役員合同会議
 ・ライオンズクラブ国際協会336-D地区2リジョン(1ゾーン~3ゾーン17クラブ)の新旧役員が参加し、最初にゾーン別の諮問委員会で一年間の活動について実績報告が行われた後、2リジョン全体の新旧役員合同会議において地区役員からの活動報告及び申し送り事項が話されました。
 7月から新役員に交代することで、次期地区役員の紹介と挨拶があり、5時半からは旧役員の慰労と次年度役員の活躍を祈念して懇親会が開かれました。
1506-6.png





ProFile

秋の奉仕作業

仁多ライオンズクラブでは地域の環境美化活動として奉仕作業を実施しています

秋に行う奉仕作業は、茜奉仕例会として夕方に実施しています

今年は10月6日に奥出雲町を代表する交流施設「玉峰山荘」の除草作業を行いました

DSCN2878.JPG

気持ちよくお客様が迎えられるよう、心を込めての作業です

DSCN2884.JPG

平成28年10月6日 会員20数名が参加しました

 

1.JPG

玉峰山荘周辺の進入路や駐車場周りの草刈り作業です



カレンダー

カテゴリ

  • nitalionsclub