2015年7月アーカイブ

奥出雲の食たより4

|

 7月19日、7月の食育の日です。奥出雲の食レシピ「笹まき」.pdf    平成26年度に「奥出雲の食レシピ」を作成しました。その中から今月は、奥出雲の代表的な郷土料理である「笹まき」をご紹介したいと思います。

  田植えの終りの今頃の時期をこのあたりでは「半夏(はんげ)」といいます。農作業が無事に終わったお供えとして団子に笹をまいた「笹まき」を作って食べる風習があります。最近は、産直市等でも簡単に手に入ることもあり、家庭で作ることが少なくなっているようです。そのため、公民館などの地域の行事等で三世代交流事業などで「笹まき」づくりをテーマにされると喜ばれるようです。

 

H27,7笹まき.jpg☆6月24日 三世代交流事業(横田公民館と横田幼児園) 

   横田公民館と横田幼児園の共催で3世代交流事業として「笹まき」づくりをしました。今年度はお父さん、お母さんの参加を呼びかけ、3世代で楽しく笹まきづくりができました。

 

☆今月の幼児園のたよりは、馬木幼児園です。H27.7ブログ馬木幼児園.jpg

プール開きにそうめん流しをしました。職員が手作りで竹とい準備し、給食の先生に流してもらいました。

園庭での昼食で大喜びの子ども達はそうめんが足りないくらいでした。

☆健康づくり推進課からのたよりです。

H27.1食推会JA.jpg6月25日 平成27年度 第1回 奥出雲町 食育推進委員会

今年度、第1回の食育推進委員会を開催しました。今年度の活動計画と各関係機関の活動について話会いました。第1期の課題を整理し、国が示す「周知」から「実践」へのコンセプトのもと第2期食育計画がスタートし、どの機関も実践にむけて新たな取り組みを計画されていました。学校と農業士会が連携した、学校での農業体験も町内では始まっているようです。横田高校はだんだんカンパニーの取り組みの一つとして今年度新たに、食の豊かさについて学びを深めるために仁多米などテーマを決め、課題研究し、東京で発表するということを計画しています。

 

H27.1食 田部さん.jpg

 続いて今年度より奥出雲町食育推進委員に加わっていただいた農業士会の会長の田部義美さんに『「食」の力「農」の力』 と題して講演をしていただきました。農業士会は、後継者育成を活動の1つとしており、学校への農業体験による食材の背景、ストーリ-を伝えることで食育への関心を高めてもらう活動を始めておられます。無農薬にするための工夫など、農家の人の知恵や工夫による安全な農業に対する思いが伝わってきました。今後、食への熱い思いのある方々と一層の食育の推進ができるとよいと思います。

 

 ☆雲南圏域健H27.1食  ボード 食育の日.jpg康長寿しまね推進会議主催の街頭キャンペーンに協賛

 推進会の終了後、食育月間の啓発として街頭キャンペーンが今年度は奥出雲町(ショッピングセンターサンクス)を会場に行われました。関係機関の方5名と事務局が参加しました。朝食での野菜の摂取や歯に関するアンケートに答えていただくことで、たくさんの人に関心を持ってもらえたようでした。

H27.1食 ボード.jpg

H27.1食 関係機関.jpg

 

 

 

 

☆ 7月15日 第3回 いきいき元気教室 

 腹筋、ストレッチ等を中心に家でできる運動と有酸素運動として再度ウォーキングのフォームのチェック、簡単なエアロビクスを体験しました。H27③いきいき腹筋.jpg 日々の労働の疲れがとH27③いきいき.jpgれた、気持ちよH27③いきいき背筋.jpgかったなどの感想が聞かれました。天候の悪い日も多いです。外仕事や外の運動ができないときは、インナーマッスルを鍛えましょう。

本格的な夏はすぐそこまで来ています。暑いだけで疲れがとれなかったり、食欲がわかないなどの不調が出てきます。今のうちからしっかりとバランスの良い食事を心がけ、夏バテしない体づくりをしましょう。