2016年5月アーカイブ

奥出雲の食たより14

|

 5月19日(木)

5月の食育の日です。

 5月といえば、ゴールデンウィークですが、奥出雲は田植えのシーズンです。米作りをされているご家庭では、5月中には田植えを終えることができるのではないでしょうか。仕事をしながら農業をされている方もたくさんおられるのではないでしょうか。無理をしないよう心と体の栄養をじゅうぶん毎日の生活にそなえましょう。

奥出雲町食育推進委員会では、今年度、「朝ごはんをしっかり食べよう!」を共通のテーマとして食育の推進をしていくことを目標としています。毎朝、しっかり朝ごはんを食べ元気に1日を過ごしましょう!朝食を毎日食べよう(適塩みそ汁).pdf

〇健康福祉課健康づくり推進グループからの食たよりです。H28.4メイト総会HC.jpg

 4月27日 奥出雲町食生活改善推進協議会総会

 平成28年度奥出雲町食生活改善推進協議会総会が4月27日に奥出雲健康センターで行われ、30名の会員が参加しました。総会行事の後、雲南保健所の松本恵利子管理栄養士より『みそ汁の塩分測定結果について』講話があり、会員が毎年取り組んでいるみそ汁の塩分測定の訪問の意義についての話があり今年の活動の励みとなりました。                           H28.4メイト総会講師.jpgその次に、ワクドキGANの岩崎巌氏による『わくわくどきどき 心地よく』と題したハーモニカ演奏を聴きました。すばらしい音色は心の栄養となり、今年の活動の活力となりました。

5月12日 乳児健診H28.5乳児健診.jpg

 5月12日に4.5ヶ月乳児健診が奥出雲健康センターで行われ、対象児12名が参加されました。この健診にあわせ、保護者を対象とした健康づくりのための意識付けを目的とした健康教室があります。子どもの頃からの生活習慣病予防の必要性について奥出雲町の健康実態に沿って話を聞くことができる唯一の機会です。離乳食教室もあります。『天然のだし』を使った試食があり、「野菜の旨みを感じることができた。」「味付けがなくても美味しかった。」という感想もあれば、「味がなくておいしくなかった。」といって試食を残される方も最近は、多くおられます。健診にあわせ、家族や赤ちゃんにとって、どんな食事がよいかを考えてみるよい機会になるのではないでしょうか。

 

 ご存知ですか?31日は『菜(さい)の日』

 野菜や果物の摂取を促進する一般社団法人ファイブ・ア・デイ協会の活動の一環として、月末の31日を野菜不足解消に取り組む『菜(さい)の日』として記念日制定したそうです。不足しがちなビタミンやミネラルを補い、健康づくりのために注目されている野菜や果物を皆さんも毎月31日だけは1皿5皿分(350g)以上の野菜と、200gの果物を食べるよう気をつけてみませんか?