奥出雲の食たより15

|

6月19日  6月の食育の日です。6月は食育月間でもあります。 

 6月といえば、梅雨の時期となり、じめじめしたイメージがあります。食べ物では、梅、らっきょうなどをつける作業も盛んに行われます。皆さんは、梅干や梅酒などをつけられますか?初夏の頃には、暑さに慣れないため、梅干や梅酒などで夏をのりきるという方も多いのではないでしょうか。しかし、短所もあり、梅干には塩分が多く含まれ、梅酒には糖分が多く含まれます。テレビや新聞などから様々な情報が氾濫しています。惑わされず、自分の健康を守るために正しい栄養知識を習得しましょう。H28.6ブログ馬木.jpg

今月のたよりは馬木幼児園からです。

 〇  5月 13 日

  この日は、青空給食をしました。メニューは、昨年作った梅干入りのおにぎりと具たくさんの おみそ汁!いっぱいおかわりして、お腹も心も大満足の給食でした。

 

続いて、健康福祉課健康づくり推進グループからのたよりです。

 〇5月20日 にこにこ教室(横田子育て支援センター)H28.5にこ①.jpgH28.5にこ②.jpg

 今年度も、奥出雲町子育て支援センター事業とタイアップして離乳食教室を4回開催します。その第1回目を鳥上幼児園で行いました。初めての会場でしたが15組の親子が参加してくださいました。広々と料理ができてとてもよい環境の中、日ごろの子育てのことや離乳食などについて料理や試食をする中で、楽しく情報交換ができました。次回は9月です。お楽しみに!

H28.5にこにこレシピ.pdf

〇5月25日 糖尿病サークルin 奥出雲奥出雲サークルH28.5.jpg

 この会が始まって5年が経過しますが、奥出雲町内の糖尿病にかかわる医療従事スタッフの会です。主に、研修・情報交換を年3回行っています。この日は、「奥出雲町の健康管理活動ついて」 健康福祉課健康づくり推進グループの立石琴美保健師が発表しました。続いて、「奥出雲エリアにおける糖尿病療養指導士の役割について」糖尿病療養指導士でもある奥出雲病院の勝部看護師、吾郷臨床検査技師よる発表がありました。

 糖尿病患者が増える中、奥出雲町の健診等で分かった場合、予防の段階から教室等で生活改善に向けて支援させていただいています。しかし、教室への参加者は少なく、健診で紹介状がだされても放置し、症状が出てから治療を始める方が多いようです。糖尿病の検査である血糖値やHbA1cが上がり始めた頃に生活を見直していただくことが大切であることをどのように地域に普及していけるのかが今後の課題であることを参加者で共有しました。

 今月は食育月間です。健康づくりに食生活の改善は欠かせません。皆さんもご自分の食生活や生活習慣について考えてみませんか?

 6.7月は、国民健康保険の方を対象に集団の特定健康診査も各地で開催します。忙しさから栄養相談を受けずに帰られる方が多いですが、予防の段階から食の専門家である、管理栄養士に無料で相談を受ける機会はなかなかありません。ぜひこの機会に、管理栄養士による食事相を受けてみられませんか。「テレビで〇〇がよいといっていたがどうなのか」などお気軽にお立ち寄りください。お待ちしています。

~ イベント情報~

6月の食育月間に「食育キャンペーン」を開催します。

日時 6月23日(木)16時~17時

場所 Aコープよこた

ぜひ、お立ち寄りください。

 食育月間キャンペーン.pdf