奥出雲の食たより16

|

 7月19日(火)

蒸し暑い毎日で食欲がおちている方もいらっしゃるかもしれません。皆さん、3食きちんと食べていますか? 

先日、7月6日に今年度最初の「食中毒警報」が発令されました。家庭での食中毒の発生も毎年多く報告されています。また、学校などが夏休みとなりお弁当を作られるご家庭が多くなることでしょう。お弁当の食中毒予防としては、

 ☆梅干を入れる                                        ☆冷ましてからつめる

 ☆保冷材がわりにゼリーを凍らせて入れる  ☆加熱は十分に        

 などがあります。

厚生労働省のHPに手洗いや食中毒予防のポイントなどでていますので、

ご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/dl/point0709.pdf

皆さんも食中毒には気をつけましょう。角木乙多田高齢者.jpg

〇健康福祉課健康づくり推進グループからの食たよりです。

6月22日 角木・乙多田自治会の高齢者サロン

 角木・乙多田公会堂で、高齢者サロンが開催されました。参加者は、10名でした。健康福祉課の立石琴美保健師から「ロコモティブシンドロームについて」の指導があり、足のマッサージなどしてリラックスしました。次に、管理栄養士による低栄養予防についての話がありました。参加者からは、質問もあり充実した健康教室となりました。

6月23日 食育キャンペーン

 昨年より始まった食キャンペーンですが、H28食育キャンペーン.jpg今年度は、「Aコープよこた」の店頭で、ボードアンケートやレシピなどの配布をして食への関心を高めていただくよう普及啓発を行いました。今回、ご協力いただいた方々は、食のボランティア団体のヘルスメイトさん(ピンクのTシャツ)と食育推進協力隊の方、食育推進委員会事務局員、島根大学医学部看護学科の学生です。アンケートに協力していただいた方は、約60名程度で、ほとんどの方が1日3食食べておられるようでした。また、6月27日 雲南圏域健康長寿しまねの食育キャンペーンにも参加しました。 

6月29日 平成28年度第1回食育推進委員会

食育推進委員会.jpg

 町内、16の関係機関の代表者が集まり、今年度の食育推進事業計画等の話し合いと各関係機関の情報交換を行いました。どの機関でも積極的に食育に取り組んでおり、その様子をお互いに知る良い機会となりました。また、島根県立大学の名和田教授の「朝食の必要性と今年度の奥出雲町の食育推進について」と題した研修会もあわせて行い、関係機関で今年度は共通の課題として朝食の欠食をなくすことを目標に取り組むことが決まりました。

 

ご存知ですか?「ふい」

6月には奥出雲町のあちらこちらで「ふい」という雑草が成長してふい.jpgいます。正式名称は、「ヒユ科のヒユナ」というようです。「バイアム」と呼ばれることもあるようです。緑黄色野菜で、ビタミンAとなるβカロチンが豊富に含まれ、活性酸素を抑え、動脈硬化や生活習慣病の予防のほか、免疫力を高める効果もあるようです。料理のポイントとしては、一般的な青菜と同じようにいろいろな料理に使えます。さっとゆでて、お浸し、白和えなどの和え物やナムルや油との相性もよく、野菜炒めなどに加えても美味しいです。

「ひゆとえのきのお浸し」ぜひ、皆さんも地元野菜「ひゆ」などを食べて、暑い夏を乗り切りましょう。不意とえのきのお浸し.jpg