2017年9月アーカイブ

奥出雲の食たより  9月号

|

  9月19日(火)

今月の奥出雲の食たよりです。

 暑さ寒さも彼岸までとはよく言われますが、今年の奥出雲の秋は、いつもより早くやってきたようです。町内は稲刈りがあちらこちらで見られます。 

今月は健康福祉課のたよりです。

〇8月22日(火) ひまわり会総会 

  H29ひまわり総会.jpg平成29年度の総会を昨年に引き続き、横田の「旬菜空間 たちばな」さんで開催しました。参加者は少なかったですが、糖尿病の患者さんの会のため、糖尿病に配慮したメニュー、味付けなどをお願いしました。味は塩分、糖分に配慮され、ほとんど使ってはおられませんでしたが、かつお、こんぶ、しいたけ、野菜などのだしを使った料理で素材の味がひきだされ、薄味でもおいしく食べられました。店長の立花さんは、「今回は、制限の強い方むきにだしにこだわって作りました。依頼により段階は変えられるが、普段の食生活を大切にしてほしい。」というお話を聞きました。参加者は少なかったですが、エネルギーを配慮されたメニューで心も穏やかに会食ができました。ヒマワリ会3.jpgヒマワリ会2.jpg

 

〇8月22日(火) 八川本郷健康教室H29.8八川本郷.jpg

 八川本郷の自治会館で健康教室を開催しました。参加者は、32名でした。昨年より、自治会で体組成計を設置し、月に1回ウォーキングを実施する「元気な会」をつくり、地域の健康づくりを自治会をあげて実践しておられます。男性は、食事の方は奥様や女性にゆだねている方が多いため、今回は、自分が台所をせざるを得ない状況になった時の食事について考えていただく機会となりました。「ご飯と味噌汁はできるよ。」「できないけど、〇〇店で惣菜を買う。」などいろいろとよい意見がでていました。また、「ある程度はできるけど、バランスよくとなると、、、、」というご意見もありました。確かに、バランスよくとは誰もが知っていることですが、簡単にできることではありません。

 

〇いきいき元気教室   8月29日(火)

いきいきできあがり.jpg

調理実習いきいき.jpg

 第2回目のいきいき元気教室を開催したところ15名の参加がありました。今回は栄養と運動の実践ということで、栄養については、松江市在住の木村管理栄養士に生活習慣病と食生活についての講義とヘルシー料理を調理実習と試食で、実際に体験することで食生活改善のポイントを学びました。H29.8.調理実習献立 配布用.pdf

リンパ体操.jpg

また、運動実技については、島根リハビリテーション学院の橋村先生にから検査値に効果のある家でできる運動ということで、リンパ体操、スクワットなどを講和と実技で学びました。日常生活の中で自分が気をつけるべきことは皆さんわかってはおられますが、なかなか実行できないところがもどかしいものです。お互い励ましあいながら、自分にできる改善点を見つけ、実行し、生活習慣病を予防したいものです。

 

 ○子育て支援センターどんぐり『離乳食教室』 9月5日(火)

 どんぐりH29.9.jpg

 この日は、5組の親子が参加され、教室は終始和やかな雰囲気で料理や試食ができました。離乳食の大きさやメニューについての意見交換をされていました。「ホイル焼きと聞くと敷居が高いけど、実際に作ってみると簡単で手間がかからず便利だったから、早速やってみたい。」「食事が進まないが、バターや油を使って炒めてもよいことが分かってよかった。」などの感想がありました。今回は、飲み込みが心離乳食.jpg配な方はおられませんでしたが、たんぱく質の進み方(特に肉の進み)が遅い人が多かったです。なるべく手間をかけずになおかつ、変化をもたせたいというのは誰もが感じることですが、『簡単な大人の料理から離乳食を取り分けて離乳食を実際に作ってみる』という体験をしてみると、取り分けを身につけることができたのではないでしょうか。 

 

 9月になると『〇〇の秋』という言葉を耳にするようになります。食欲の秋・スポーツの秋・芸術の秋・・・秋になると食欲が増すのは、気温の低下で基礎代謝が上がることによりエネルギーを使う量が増えたり、夏バテが解消されることなどにより食欲が増すなどといわれます。みなさんは、今年の秋、どのような秋になるでしょう。。。