2018年6月アーカイブ

奥出雲の食たより 6月号

|

  6月19日。食育の日です。

6月は「食育月間」です。仁多庁舎展示.png

奥出雲町役場仁多庁舎、横田庁舎、病院で普及啓発を目的とした展示をしました。

個人や家庭では、普段の食生活やマナーなど、食に関心をもち、家族で食卓を囲む機会にいろいろな話をして、楽しんだり、イベントなどに参加をされてはいかがでしょうか?

何でも醤油をかけて食べておられる方は、かけ醤油は控えたり、野菜の摂取が少ない方は野菜料理を積極的に食べるようにしたり、普段忙しくてなかなか家族揃って食事ができないご家庭は、休日に家族そろって食事をするなど何でも構いません。普段気になってできないことをやってみましょう。

 

〇5月25日 (金) 子育て支援センター事業  にこにこH30.5にこにこ.png

今回は、鳥上幼児園で開催され、9組の在宅の親子が楽しく離乳食を作ったり、食べたりする中で、悩みを共有でき、お母さんたちの息抜きにもなったことでしょう。今回は、1回の食事量について悩んでおられる方が多く、フードモデルや出来上がった試食で量だけでなく月齢に応じた大きさも参考になったのではないでしょうか。

 〇6月4日(月) 馬木児童クラブimage1_(1).jpeg

  この日は1年生2名、2年生3名でした。男子グループと女子グループに分かれて、分量をはかるところからはじめ、分からないところはヘルスメイトさんに教えてもらいながら、児童が主となり、レシピに沿って協力して調理をしました。途中、団子がうまく固まらず、手が粉まみれになることもありましたが、なんとか出来上がりました。ヘルスメイトさんが持参された「くいの葉」をしいて団子をもりつけ、季節も感じることができました。「ほうれん草を切るのが楽しかった。」「団子を湯に入れるところが難しかった。」「簡単だから家で家族とまた作りたい。」等の感想がありました。みなさん、残さず、おいしくいただきました。

 

6月23日(土)には、旧高田小学校で「インドの魅力」というイベントが開催されます。

このイベントでは、奥出雲町の食材を使ってインドのスパイスの使い方を教えて

いただく内容となっています。奥出雲町とインドの食材が融合され新たな

メニューが町内に広がり、インドとの交流が深まるとよいです。

さて、奥出雲町では、7月初めの「半夏」の頃に、「ささまき」を作られるご家庭も

あるのではないでしょうか。こういった郷土料理の体験をご家庭や地域で

体験してみられてもいいのではないでしょうか。笹まきのみ.jpg