2018年9月アーカイブ

奥出雲の食たより  9月号

|

9月19日(水)    

9月の食育の日です。

非常に暑かった今年の夏。ようやく朝夕涼しくなり、奥出雲町のあちらこちらで稲刈りされた田を見かけるようになりました。最近は、機械で刈るところが多く、はで干しを見かけることが少なくなりました。おいしい新米が楽しみな方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今月は、三成幼児園のたよりからです。

 〇8月23日 とうもろこしの皮三成幼児園ブログ.pngむき体験

 この日、おやつで食べる「とうもろこし」を各クラスで皮むきしました。1,2歳児のクラスでは、皮付きのとうもろこしに初めて出会う子どもたちも沢山おり、いつも食べるとうもろこしとの違いに戸惑う姿や、ふわふわのひげを気持ちよさそうに触る姿などありました。1枚1枚、力をこめてとうもろこしの洋服を脱がし、おいしそうに並んだ黄色い実がでてくると思わず、かじりついてしまう子どももいました。おやつに登場するのを楽しみに待っていました。たくさんの気づきと「食べたい」意欲がぐんぐん育った食体験ができました。

 

続いて、健康福祉課からのたよりです。

〇9月10日(月) 耳寄り!健康教室一般教室9.10.png

 みなさんは、年に1度は、健康診断を受けていますか。

今年度、健康福祉課健康づくり推進グループでは、健康な人から、すでに病気の人まで、健康診断の結果からメタボリックシンドロームや糖尿病や高血圧などの生活習慣病を何とかしたいと考えている方に健康教室を計画しています。

その第1回目は、石原医院分院院長寺井先生に「生活習慣病について」の講演をしていただきました。特に糖尿病について丁寧にご説明いただき、生活習慣を改めることの大切さを改めて感じることができました。

次回は10月9日19時から20時 横田コミニティセンターで松江市在住伊藤孝子管理栄養士による「生活習慣病予防の食生活」についての講演会です。

どなたでも参加できます。健康的な食生活を送りたい方は必見です。多くの方のご参加をお待ちしています。

 

また、健康福祉課健康づくり推進グループでは10月15日(月曜日)に「健康・栄養相談日」を役場仁多庁舎で計画しています。「健康診断を受けてコレステロールが高く、食事を改善しないといけないことは分かっているけどなかなかできない」「離乳食の進め方が分からない」など食事についてのご相談をお受けしています。

 

「インターネットやTVなどで『糖質ダイエット』がいいと聞いて、ご飯を減らしています。」と、糖質制限必要がない方が我流で糖質制限をしてかえって、バランスの悪い食事になってしまい、検査値が悪くなった方が健診時にもたくさんおられました。

インターネットやTVなどの情報は豊富にあります。だからこそ正しい知識がなければ取捨選択できません。自分の体や検査値、食生活にあわせて少し食事の見直しをしてみませんか。ご希望の方は、体組成計による測定もできます。

 

「耳寄り!けんこう教室」と「健康・栄養相談日」にセットでご参加されるとより検査値の改善効果が出やすいです。まずはご予約ください。

役場健康福祉課健康づくりグループ 54-2781

 食欲の秋だからこそ、楽しく健康的に過ごしてみませんか。

 

〇9月12日(水) 仁多子育て支援センター どんぐりどんぐり調理.png

 7ヶ月から1歳までの在宅児とその保護者を対象とした、子育て支援センターの「離乳食教室」を開催したところ11組の親子の参加がありました。

 

 蒸し暑い日でしたが多くの参加があり、離乳食を作ったり、できたものを一緒に食べながら、わいわいと子育ての交流をされました。離乳食は1年の間に、食材の種類、大きさ、固さと変わっていきます。どんぐり試食.png

 

 昔と違って、今はいろいろな食材が豊富にあり、また、食物アレルギー等の病気もあり、なかなか昔と同じようにできない世の中になりました。情報も沢山ある中、それぞれの子どもさんの成長に合わせてすすめることはなかなか難しいものです。次回は、11月9日鳥上幼児園です。みなさんのお越しをお待ちしています。(子育て支援センターにご予約(52-2296)ください。)

  どんぐり レシピ.pdf

 

 

 〇9月12日(水) 雲南糖尿病サークルin okuizumo(H30第2回)奥HP栄養士.png

 

 医療従事者、福祉施設関係者、行政等糖尿病に関わるスタッフの研修会が開催され、約40名の参加がありました。

 

 奥出雲病院石川管理栄養士から「時間栄養学」についての話しがありました。最近、食事を食べる順番についてTV等でも話題になっていますが、「体内時計を考慮に入れた栄養学」でいつたべるのかに注目したものです。

 

フットケア.png 続いて奥出雲病院看護部からの「フットケアについて」の実習でした。ネイルチップ(つけ爪)をつけて、実際に器具を使って爪のケアを体験しました。実際に使ったことのない器具を使っての 実習は大変貴重な経験となりした。

このような研修会を通して奥出雲町の糖尿病に関わるスタッフが共通認識を持って糖尿病の方に関わることができるような時間を共有できることは貴重な機会となっています。

 

秋といえば、スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋など〇〇の秋といいます。 

皆さんはどんな秋を迎えますか。今年の中秋の名月は9月24日です。稲刈りや地区の

運動会も終わり、名月をながめて、秋を味わってみてはいかがでしょうか。