奥出雲の食たより 12月号

|

 12月19日

今年最後の食育の日です。。。。

皆様にとってどんな1年だったでしょうか。。。

今年を表す漢字は、「災」でした。振り返ってみると、奥出雲町でも7月に避難勧告が出されました。災害はいつくるかわかりません。各家庭の備蓄品についても年末の大掃除にあわせて、確認してみてもいいのかもしれません。

 

さて、今月の食たよりです。

今月は健康福祉課からです。H30.11.9にこにこ.png

〇11月8日(金)子育て支援センター「にこにこ」

 鳥上幼児園で在宅で育児中の方を対象とした離乳食教室を開催しました。7組の親子が参加され、離乳食だけでなく子育てについての情報交換をされていました。「だしを使った取り分けがわかった。」「だしの味だけでも十分おいしい。」などの感想がありました。

次回は、1月18日(金)三成子育て支援センターで開催します。7か月から12か月の子供さんが対象です。寒い時期ですが、ご参加お待ちしています。

 

〇11月14日(水)「やさしい在宅介護食」研修会開催H30.11.14介護調理s.png

 

 

 

 

   年を重ね、からだの変化に気づきにくく、低栄養や栄養状態の低下などに気づかれないまま、大きな病気を発症したときに気が付かれる方が多くおられるようです。この日は、むらくも苑の勝部管理栄養士さんに「自宅でできる介護食の実際」を調理を含め、わかりやすくご指導をいただきました。「家族の料理を取り分ければよいことが分かった。」「習ったことを実生活に生かしたい。」「自分が介護する側になる気持ちづくりも大切だと思う。」などの感想があり、楽しく、おいしく、ためになる研修になったようです。

 

〇「ヘルスメイト(食生活改善推進員)11.12月の小学校での食育活動」

 例年、町内の学校の健康づくり(奥出雲町げんきプラン21事業)の取り組みとして、調理実習を計画されます。その際、調理実習台に1人~2人のヘルスメイトさんが児童にきめ細かな調理指導をされます。献立は、家庭のことを考え、家庭で実践していただくことを目的とした内容で、各班で主食、主菜、副菜の1食分を作り、味や量について食べることで学習します。不慣れな児童の方も、各班に1名のベテランのヘルスメイトさんがおられ、手順や調理技術を懇切丁寧に教えてくださるので、楽しく調理を体験できます。

今年度、希望されなかった学校の健康づくりの担当の方、ぜひ、来年度活用されてみませんか。5.6年生が対象の生活習慣病予防が目的の内容ですが、楽しく食育活動ができます。ご希望の場合は、役場健康福祉課へ「奥出雲町げんきプラン21」計画書でお申し込みください。(例年5月頃各学校の担当者へ配布しています。)

 

          11月16日  布勢小学校H30布勢小.png

11月21日 阿井小学校       12月4日 三沢小学校  

 H30.12.4三沢小.pngのサムネール画像H30阿井小.png

 

 

 

 

 

 

  主な、感想は、「果物の皮むきが難しかったけど、これからの手伝いに生かしたい。」「学んだことを弁当の日や今後の生活に生かしたい。」「計量の仕方が分かったことと、楽しく作れて、おいしかったので、来年も調理実習がやりたい。」「1食の栄養バランスがわかったこと、塩分に気を付けて、健康的な料理を作りたい。」「材料を切ったり、炒めたり、いろいろ大変でお母さんに感謝して食べたい。」でした。

 布勢小学校は今年度、子供が作る弁当の日創設者である竹下和男先生の講演会をして弁当の日が始まります。阿井、三沢小は以前から弁当の日を実施しています。今年度ほど、ヘルスメイトさんとの栄養教室が弁当の日や子供たちの今後の将来につながるような感想が出た年はありませんでした。1つ1つの食育がつながって一人一人の人生につながっていきます。来年度は、奥出雲町の全学校での食育の取り組みをすすめていただきたいです。

 

〇11月19日  「Aコープよこたで『食育の日』キャンペーンで野菜摂取を呼びかけました」食育キャンペーンH30.11.19.png

  雲南保健所の「まちの食育キャンペーン」とのコラボレーション企画として、食育の日をPRするとともに、野菜をしっかり食べる工夫として野菜料理の試食をしていただいたり、バランスの良い朝ごはんの啓発を目的としたボードアンケート等を行ったところ約40名の方が参加されました。皆さん食事を欠食することはないようですが、1日に野菜料理を5皿以上食べている人は40名のうちの約半数の方でした。野菜料理は食べているようで実際に必要な量を確認してみると多くの方が食べることができていないのが現状です。皆さんも、しっかり野菜料理を食べるよう心がけましょう。

 

 年末年始は、忘年会、新年会に参加される方が多くおられると思います。また、年始などでも飲食の機会があるでしょう。楽しく、健康的に参加できるよう、食べ過ぎ、飲みすぎには気をつけましょう。

大根とツナの炒め煮.pdf