カテゴリを追加の最近のブログ記事

奥出雲の食たより 3月号

|

 3月19日。

 今年度最後の食育の日です。

 お彼岸が近づき、日増しに春らしくなる奥出雲町です。入学、卒業、歓送迎会などのシーズンで、食べたり飲んだりする機会が増えると思いますが、食べ過ぎ飲み過ぎたら、次の日には運動するなど体を動かしましょう。

さて、今月は横田幼児園からのたよりです。

〇3月11日(月)インド文化交流会横田幼児園s.pngのサムネール画像

  国際交流院のグルン・エナさんをお招きして、4歳児親子でインド料理クッキングを行いました。ポテトトーストとアボガドトーストを教わり、インドの味に触れることができた楽しい時間となりました。

 

 

 

 続いては、健康福祉課からの たよりです。

〇2月12日(火)三沢小学校弁当の日

三沢小お弁当の日.pngのサムネール画像 今年度,3回目の弁当の日が三沢小学校でありました。三沢小学校では、全校で取り組まれており、縦割り班に分かれ、自分ができる範囲で考え、実践したことを発表します。低学年では、「おにぎりののりの型抜きをした。」「サンドイッチの具材をはさんだ。」高学年では、「卵焼きに赤い色が入るようカニカマをいれた。」「卵を焼くのが難しかった。」など学年に応じた感想がありました。

 子どもの自主性を育て、子どもが主体となって取り組むのが「子どもが作る弁当の日」です。創設者の竹下先生は、「忙しい時間に子どもに台所に入ってほしくない」といった大人の都合で取り組みに理解を示さないのは、将来の子どもの自立を妨げるというお話も講演会でありました。ぜひ、奥出雲町、全町での取り組みにつながるとよいです。

 〇3月5日(火)緩和型デイサービス奥出雲での学習会

緩和型.png この日、横田の永生クリニックを会場にデ射サービスが行われる中、『高齢者の食事、低栄養について』学習会をしました。前日食べた内容の聞き取りをしたところ、皆さんスムーズに思い出すことができました。「1日のたんぱく質の量はどのくらいか。」「野菜から先に食べた方がよいか。」などの質問があり、1日分の食事をフードモデルで確認していただきました。「ご飯が少ないなあ。」「野菜が少ないなあ。」という感想等があり、より学習が深まりました。

 

続いては、ヘルスメイトさんの活動紹介です。

〇2月8日(金)島根リハビリテーション学院の健康学習会奥出雲の食レシピ1.pdf奥出雲の食レシピ2.pdf

リハ学調理.png

 奥出雲健康センターで、島根リハビリテーション学院1年生を対象に健康学習会が開催されました。今年度始めて、島根リハビリテーション学院の健康づくりの取り組みとして企画されました。始めに食事バランスガイドを使って食事の見直し、町の食実態等について役場より説明をしました。続いて、ヘルスメイトさんの指導による調理実習を行いました。一人暮らしを始めた学生も多く、簡単みそ汁や野菜のおひたしなどたっぷりの野菜料理とおいしい仁多米を使った郷土料理『おけじゃめし』などを作って食べました。「楽しかった、やってみたい。」「みんなで集まってまた料理したい。」「栄養バランスを考えたい。」等の感想があり充実した教室となったようです。

〇2月21日(木)鳥上地区男の料理教室

鳥上男.png この日、鳥上公民館で男の料理教室を開催したところ、19名の参加がありました。始めに町の保健師より奥出雲町の脳卒中の発症状況について説明があり、発症予防のための減塩の必要性について学びました。続いてヘルスメイトさんの指導による調理実習を行い、柑橘類の酸味を生かした「鮭のレモン焼き」や「野菜たっぷりみそ汁」など塩分が少なくてもおいしく食べられる工夫をこらしたメニューを作って食べました。「みそ汁の味が薄かった。」「おかずの調味料は少なかったがおいしかった。」等の感想があり、普段の食事の塩分の多さを実感できる教室になりました。 

 

〇2月26日(火) ヘルスメイト交流研修会

エナさん.pngのサムネール画像

 奥出雲健康センターで、ヘルスメイトさん同士の交流を目的とした「インド料理教室」を開催したところ約20名の参加がありました。この日は、国際交流員のグルン・エナさんを講師に招き、インドのスパイスの話とインド料理などを教えていただきました。香辛料は、日本の調味料のように各家庭の味があり、スパイスで料理の味を楽しまれるそうです。また、それぞれの香辛料ごとに効能があるという話を皆さん熱心に聞いておられました。講話の後は、2月22日に奥出雲町の学校給食に出されたメニューとおやつを実際に作って食べました。「インド料理を初めて食べた。」「意外に辛くなく、ほどよい味だった。」「香辛料が手に入らないため、家で作ることができず残念。」などの感想がありました。

 今回、奥出雲町東京オリンピック国内キャンプ招致委員会では、ホストタウン事業として、インド料理を町内に普及していきたいということで、ヘルスメイトさんと一緒にインド料理教室を開催する予定としています。ご希望の団体等ありましたら、奥出雲町食生活改善推進協議会事務局(健康福祉課31-5143)までご連絡お待ちしています。

 

 お彼岸には、ぼたもちを作られるご家庭も多いのではないでしょうか。家にお米以外にも、餅米や小豆があるご家庭も多いとは思いますが、ライフスタイルが変わり、なかなか若い世代や子どもが作るまではできなくなっているのではないでしょうか。。。お手伝いや手作りからだんだん遠ざかる中、ご家族で一緒に作ってみるのもいいのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

奥出雲の食たより 2月号

|

2月の食育の日です。

 今年は雪の少ない冬となりました。立春を過ぎ、梅のつぼみを見かけるようになりました。

2月3日の節分には、恵方巻き、14日はバレンタインデーと食にまつわる行事があります。

そもそも、行事食は体調を崩しやすい季節の変わり目を賢く乗り切る『食の知恵』として

『ハレの日』の食事でした。現代は、飽食の時代となり、毎日が『ハレの日』の食事と

なりました。しかし、豊かな食事は必ずしも健康を約束してくれるものではなく、

病気を引き起こすようになりました。飽食を考え、今一度「食の知恵」を見直してみませんか。

 

今月は、三沢幼児園からの食たよりです。

2月1日(金)節分会  H31.2三沢幼.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 節分会では、鬼の嫌いな「ヒイラギ」や「いわし」を見たり触ったりしました。みんなで豆まきをして心の鬼を退治しました。この日の給食では鰯の塩焼きをいただきました。今年も1年元気に過ごせそうです。

 

 

 続いて健康福祉課のたよりです。

 

〇1月16日(水)耳より健康教室が奥出雲健康センターでありました。P1090699.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 前回の永生クリニックの山根医師による脳卒中予防の話を受けて、「フレイルとその予防方法」「減塩の工夫」等について食生活の改善についての講演会を開催したところ14名の参加がありました。合わせて骨密度測定等も行いました。すでに生活改善を始めている方がほとんどで継続の難しさを実感して参加されたようでした。「久しぶりに、塩の話を聞いたがやっぱり繰り返し聞かないといけないと思いました。」「運動、食事など気をつけているつもりだけど、だんだんゆるくなっきた。今日参加して刺激を受けP1090691.JPGた。」「減塩は大切だと分かっているが難しく感じています。」などの感想がありました。味噌汁についてはずいぶん減塩を実行しているご家庭が多くなってきているようですが、漬物など塩分含有食品の注意や惣菜、インスタント食品等の摂取は減ってはいないようです。皆さんも今日から減塩に取り組んでみましょう。

  

〇1月18日(金)三成子育て支援センター「離乳食教室」H31,1どんぐり.pngのサムネール画像

 寒い季節やインフルエンザ等の病気のため参加者は4組と少なかったですが、料理も試食もお話もそれぞれじゅうぶん満喫されました。「9ヶ月で3回食になり、海草の使い方が分からなかったので今日、実際に使ってみて分かった。」「一度にたくさん食べられないが自分で持って食べたりします。」「調理でとりわけの仕方が分かった。」などの感想がありました。少ない人数だからこそ、来られた方全員と交流ができたこともよかったようです。

   

  〇1月30日(水)阿井幼児園児のヘルスメイトさんとクッキングH31.1阿井幼.png

 5歳児6名がヘルスメイトさんとクッキングをしました。今回のメニューは、鮭のレモン焼き、納豆和え、野菜の味噌汁でした。野菜を切ったり、具を混ぜたり、ヘルスメイトさんに丁寧に教えてもらいながら調理をしました。ヘルスメイトさんから主食、主菜、副菜をそろえたバランスのよい食事のお話を聞き、できあがった料理をランチョンマットの主食・主菜・副菜のところにおいて試食を始めました。

 後日、子どもたちから先生に「ランチョンマットをおうちでも使っているよ。」「今日の朝ご飯は副菜がたりなかったよ」と報告があったとのことでした。また、子ども達のお話を聞いた保護者から「毎日は難しいけれど、バランスの良い食事をこころがけたい」との声が あり、家庭でも食事を見直すきっかけにもなったようです。 

〇2月8日(金)島根リハビリテーション学院健康学習会P1090751.JPGのサムネール画像

 島根リハビリテーション学院1年生31名が奥出雲健康センターで調理実習を行いました。 この学習会は、島根リハビリテーション学院が学生さんの健康管理に関する啓発を目的と調理実習を計画されました。始めに、自分の食事記録について『食事バランスガイド』を使って、バランスがよいか確認をしました。試験期間中で不規則な生活で、夜1食しか食べてないという方がたくさんおられ、驚きました。 「普段食べない野菜があり、野菜の量が多かった。」「バランスを考えたい、食生活を見直したい。」「みんなで食べると楽しく食べる

ことができた。」などの感想があり充実した学習会となりました。

 リハビリテーション学院.pdf 

 

  リハビリテーション学院2.pdf 

 

 最後に、健康福祉課からお知らせです。

  明日2月20日(13時半から14時半)は、「耳より健康教室」の運動が

 奥出雲健康センターであります。講師は、奥出雲健康クラブでもおなじみ

 の山根智恵美先生です。日頃、運動不足の方、おなか周りが気になる方

 など、生活の中で生かせる、ちょっとした、役に立つ運動を教えいただきます。

 皆さん、ぜひ、ご参加ください。

 

 

奥出雲の食たより  12月号

|

12月19日(火)

今年、最後の食育の日です。

1年を振り返って、2017年は皆さんにとってどのような年だったでしょうか。

今年の冬至は12月22日です。昔から「冬至にはかぼちゃを食べて柚子湯にはいる」という言葉をよく聞きます。皆さんは、どのように過ごされますか。今年1年を振り返り、来年も元気に過ごしましょう。

 

 今月の食たよりのご紹介です。 

〇馬木幼児園   12月2日(土)  収穫祭H29.12馬木幼児園.jpg

 畑や田んぼでたくさんの収穫ができたことを喜び、収穫祭を行いました。今年は、保護者と子どもたちがお世話になった地域の方々をお招きし、「ありがとう」の気持ちをこめて昼食で食べる豚汁、おにぎりを作っておもてなしをしました。とても賑やかな1日となりました。

 

 

〇11~12月のヘルスメイトの小学校食育活動

 毎年11月~1月にかけて町内の小学校6年生と調理実習をしています。ヘルスメイトのバランスマットを使ってバランスよく食べる工夫を紹介し、調理を一緒にしています。

11月15日阿井小学校              11月17日 布勢小学校            12月5日 三成小学校       H29.12.5マット説明.jpgH29.11.22(阿井小).jpgH29.11.17布勢小メイト.jpg  

  今年は、ヘルスメイトの研修で、郷土料理としてよく使われる焼き鯖を使った「焼き鯖みそ」を主菜としたバランス献立を仁多中学校の桑本栄養教諭よりご指導いただき、学校と連携し、行っています。家で料理をしている児童、していない児童と様々ですが、「料理が楽しく、作りやすかったのでまた家でも作ってみたい。」「大人になっても困らないように今のうちに栄養バランスなどを考えて料理ができるようになりたい。」「レシピを見ると難しそうだったけど、ヘルスメイトさんがここはこうするといいよとか、やさしく教えてくださったのですごく楽しくつくることができてよかったです。」といった感想がありました。また、「今日、ご飯を作っているお母さんたちがどれだけ大変か分かったので今日のことを生かして手伝って行きたいです。」という感謝の気持ちも伝わりました。

〇11月18日(土)  糖尿病週間H29.11.18DM習慣行事.jpg

 11月14日は、世界糖尿病デーです。 世界糖尿病デーは、現在、世界160カ国から10億人以上が参加する世界でも有数な疾患啓発の日となっています。この日をはさむ1週間を糖尿病週間とし、全世界で繰り広げられる糖尿病啓発キャンペーンは、糖尿病の予防や治療継続の重要性について住民に周知する重要な機会となっています。  

 奥出雲町では、奥出雲病院の主催で奥出雲健康センターで開催されました。奥出雲病院の医師の講演会や、血糖値の測定などのほか、健康福祉課は、骨密度測定や健診受診の必要性の周知、町内の食育の展示を通じて、病気の予防の重要性について啓発しました。

 

H29.11.20スポーツ教室.jpg

〇11月20日(月)  レクダンス

第2回気軽に楽しくできるスポーツ教室を催したところ、12名の参加がありました。レクダンスは、体を動かすだけでなく、リズムに合わせ、先生の動きにあわせて体で表現することは頭も使う作業であり、脳のトレーニングになったという参加者の方も多くおられました。この日は5曲のダンスをしましたが、全員であわせて踊ることで達成感もあり参加してよかったという声も聞かれました。

  奥出雲スポーツクラブでは、レクダンスのほか、エアロビクスやヨガなどもあります。健康づくりのため、入会して、楽しく体を動かしてみませんか。

 

〇11月22日(水) 食育推進委員会専門部会視察研修・交流会H29.11.22.jpg

 毎年、町内食育関係機関による交流会を開催しています。今年度は、地元のものを知ることを目的に奥出雲トマトに視察研修に行き、その後、グループワークを行いました。奥出雲トマトの視察ははじめての方が多く、町内にGAPの認証登録のある施設があり、安心、安全のために様々な努力H29.11.22GW (2).jpgをされていることがわかりました。

 

グループワークでは生産者も給食施設も一緒になって奥出雲町の朝食の摂取内容、地産地消の体制についての課題について意見を出し合いました。それぞれの課題の共有ができ、解決方法の提案をしていただくことができました。

今年度、食育推進委員会では、朝食の内容を見直すことを共通目標としています。

皆さんも、ぜひ、主食、主菜、副菜のそろったバランスのよい朝ごはんを食べて、1日を元気にすごしましょう。 

 *GAP:農業生産工程管理のことでGood Agricultural  Practiceの略語。

      農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を

      確保するための生産工程管理の取組のことです。

 詳細は、農林水産省等のHPをご覧ください。    

 

〇11月26日(日) 大馬木第1・2 健康教室H29.11.26大馬木.jpg

 この日、18人の方が健康教室に参加されました。脳卒中予防をテーマに奥出雲町は島根県内でも発症率が高いため、血圧に配慮した生活が必要であることについて、保健師より指導がありました。ご家庭から持参されたみそ汁の塩分測定をしたところ標準が0.8%~1%ですが、0.4~0.6%のご家庭が多かったです。それにあわせ、0.7%のみそ汁の試飲をしたところ、0.7%のみそ汁が薄いと感じる人が多かったです。みそ汁は減塩になり、漬物を食べる量や機会は減っているようですが、かけしょうゆや外食、惣菜等の使用が多いのではないかということが、グループワークで分かりました。皆さんも、かけしょうゆや外食のときのメニュー選びにも気をつけられてはいかがでしょうか。

 年末年始は、忘年会や新年会で飲んだり食べたりする機会が増えます。暴飲暴食に気をつけましょう。おせち料理などはたんぱく質のおかずが中心になります。野菜料理も普段どおり、しっかり食べるよう心がけましょう。

また、窓拭き、床ふき、車の洗車など家電等を使わずに体を使った掃除などをしっかりすることで体を動かすことができます。 大掃除もしっかりして、体もシェイプアップしましょう!

 

 

 

H29 小学校 ヘルスメイト調理実習.pdf

奥出雲の食たより  9月号

|

  9月19日(火)

今月の奥出雲の食たよりです。

 暑さ寒さも彼岸までとはよく言われますが、今年の奥出雲の秋は、いつもより早くやってきたようです。町内は稲刈りがあちらこちらで見られます。 

今月は健康福祉課のたよりです。

〇8月22日(火) ひまわり会総会 

  H29ひまわり総会.jpg平成29年度の総会を昨年に引き続き、横田の「旬菜空間 たちばな」さんで開催しました。参加者は少なかったですが、糖尿病の患者さんの会のため、糖尿病に配慮したメニュー、味付けなどをお願いしました。味は塩分、糖分に配慮され、ほとんど使ってはおられませんでしたが、かつお、こんぶ、しいたけ、野菜などのだしを使った料理で素材の味がひきだされ、薄味でもおいしく食べられました。店長の立花さんは、「今回は、制限の強い方むきにだしにこだわって作りました。依頼により段階は変えられるが、普段の食生活を大切にしてほしい。」というお話を聞きました。参加者は少なかったですが、エネルギーを配慮されたメニューで心も穏やかに会食ができました。ヒマワリ会3.jpgヒマワリ会2.jpg

 

〇8月22日(火) 八川本郷健康教室H29.8八川本郷.jpg

 八川本郷の自治会館で健康教室を開催しました。参加者は、32名でした。昨年より、自治会で体組成計を設置し、月に1回ウォーキングを実施する「元気な会」をつくり、地域の健康づくりを自治会をあげて実践しておられます。男性は、食事の方は奥様や女性にゆだねている方が多いため、今回は、自分が台所をせざるを得ない状況になった時の食事について考えていただく機会となりました。「ご飯と味噌汁はできるよ。」「できないけど、〇〇店で惣菜を買う。」などいろいろとよい意見がでていました。また、「ある程度はできるけど、バランスよくとなると、、、、」というご意見もありました。確かに、バランスよくとは誰もが知っていることですが、簡単にできることではありません。

 

〇いきいき元気教室   8月29日(火)

いきいきできあがり.jpg

調理実習いきいき.jpg

 第2回目のいきいき元気教室を開催したところ15名の参加がありました。今回は栄養と運動の実践ということで、栄養については、松江市在住の木村管理栄養士に生活習慣病と食生活についての講義とヘルシー料理を調理実習と試食で、実際に体験することで食生活改善のポイントを学びました。H29.8.調理実習献立 配布用.pdf

リンパ体操.jpg

また、運動実技については、島根リハビリテーション学院の橋村先生にから検査値に効果のある家でできる運動ということで、リンパ体操、スクワットなどを講和と実技で学びました。日常生活の中で自分が気をつけるべきことは皆さんわかってはおられますが、なかなか実行できないところがもどかしいものです。お互い励ましあいながら、自分にできる改善点を見つけ、実行し、生活習慣病を予防したいものです。

 

 ○子育て支援センターどんぐり『離乳食教室』 9月5日(火)

 どんぐりH29.9.jpg

 この日は、5組の親子が参加され、教室は終始和やかな雰囲気で料理や試食ができました。離乳食の大きさやメニューについての意見交換をされていました。「ホイル焼きと聞くと敷居が高いけど、実際に作ってみると簡単で手間がかからず便利だったから、早速やってみたい。」「食事が進まないが、バターや油を使って炒めてもよいことが分かってよかった。」などの感想がありました。今回は、飲み込みが心離乳食.jpg配な方はおられませんでしたが、たんぱく質の進み方(特に肉の進み)が遅い人が多かったです。なるべく手間をかけずになおかつ、変化をもたせたいというのは誰もが感じることですが、『簡単な大人の料理から離乳食を取り分けて離乳食を実際に作ってみる』という体験をしてみると、取り分けを身につけることができたのではないでしょうか。 

 

 9月になると『〇〇の秋』という言葉を耳にするようになります。食欲の秋・スポーツの秋・芸術の秋・・・秋になると食欲が増すのは、気温の低下で基礎代謝が上がることによりエネルギーを使う量が増えたり、夏バテが解消されることなどにより食欲が増すなどといわれます。みなさんは、今年の秋、どのような秋になるでしょう。。。