2009年11月アーカイブ

 

 

どうやら私は、外国人の名前を覚えられないようです・・・・・・・・・・・・・・・・

つづきはあだち整体院 院長日記で

 

今日の院長日記はこちら

 

 

タイトルは入力ミスではありません。ウソや出鱈目で荒稼ぎする人のこと・・・・・・

 

つづきはあだち整体院 院長日記で

今日の院長日記はこちら

 

 

嫁と喧嘩しそうになった時には、語尾に全部「~なのだ。」って言ってみようと思います。

喧嘩防止になるか、余計怒らせるか・・・・

 

あだち整体院 院長日記はこちら

 

 

 

 

長年の勘違いに気付いたものの・・・・・・・・

つづきはあだち整体院 院長日記で

 

今日の院長日記はこちら

 

 

ジュディー・オング

涼風真世

サラ・ボーン

ブルーハーツ

ルイ・アームストロング

三木道山

篠原ともえ

美空ひばり


なんだか全然統一性がないな...

 

あだち整体院 院長日記はこちら

 

 

 

 

クレオパトラの鼻が低かったなら歴史は変わっていたかもしれませんが・・・・・

 

つづきはあだち整体院 院長日記で

今日の院長日記はこちら

 

 

 

 

遠い昔のことでした・・・・・・・・・・・・・・・

 

あだち整体院 院長日記はこちら

 

 

カイロ発祥のアメリカでは医学としっかりタッグを組み

日々進歩している技術が、頭のズレている人が多い日本では・・・・

 

つづきはあだち整体院 院長日記で

今日の院長日記はこちら

 

 

今は、いろいろ問題があって、こんな番組作れないでしょうね。おもしろかったのにな~

あだち整体院 院長日記はこちら

 

 

子供のころの伝家の宝刀が、大人になってからも形をかえ、役に立ってます・・・・・

 

続きはあだち整体院 院長日記で

今日の院長日記はこちら

 

 

 

男と女とでは、オオカミの捉え方ひとつとってみても違うものです・・・

 

今日の院長日記はこちら

 

 

●●●●●●という言葉を使う業者は、「私、勉強してません!」といっているようなもの。

つづきは、あだち整体院 院長日記で

今日の院長日記はこちら

 

 

私の好きなアーティスト

この曲はドラマ『砂の器』の主題歌だったので、ご存じの方は多いでしょう。

 

あだち整体院 院長日記はこちら

 

 

 

お医者さんが使うウルトラスーパー便利な言葉とは・・・・・・・

つづきはあだち整体院 院長日記で

院長日記はこちら

 

 

私の憧れ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今日の院長日記はこちら

 

 

腹筋や背筋を鍛えることで腰痛予防?そんなこと言う人は腕がない・・・・

つづきはあだち整体院 院長日記で

院長日記はこちら

 

 

赤ちゃんを無理やり泣きやます裏ワザ。そうやって育てられた子は、将来的に肩こり・腰痛で悩まされる結果となります。

つづきはあだち整体院 院長日記で

 

院長日記はこちら

 

 

元タイガーマスクの佐山さんに弟子入りしたかった中学時代、

直談判しに東京へ行ったときの思い出が

まさか、ブログのネタになろうとは夢にも思わず・・・

つづきはあだち整体院 院長日記で

院長日記はこちら

 

 

 

 

ネットに溢れるメーカーの宣伝文句をコピペしたようなインフルエンザ対策よりも、ホントに大事なこととは・・・

 

つづきはあだち整体院 院長日記で

院長日記はこちら

 

 

いわゆる盲腸(虫垂炎)で虫垂を切除した人は、なぜ注意が必要なのか・・・

続きはあだち整体院 院長日記で

院長日記はこちら

秋の曲

|

 

 

寒くなって、

空気が乾燥してくると思いだす

まさよしの曲

 

あ・

もう冬ですね

すみません

 

当たり前のことを

今一度見直しましょう。

 

しっかり食べる

しっかり寝る

 

 

過去にいわゆる盲腸になった方で

虫垂を切除された方は特に

この2点をしっかりと、しっかり守ってください。

 

ウイルスに打ち勝つ力

 

結局は体力勝負です。

 

 

 

最前線の医療関係者は

めちゃくちゃ大変だと思います。

報われないかもしれませんが

頑張ってください。

 

それにひきかえ、こんなときでも

ちゃっかり儲けている奴が・・・

 

ニッポンを

なんか信じられなくなってきました。

 

 

 

 

 

新型インフルエンザが猛威をふるっておりますが、

私、正直なところ、ガーゼタイプはもちろんですが

不織布のマスクでも

あんまり予防の効果はないと思っています。

 

ウイルスの大きさの単位は

nm(ナノメートル)

1億分の1メートルです。

 

対して、一般的な不織布の

サージカルマスクの目の大きさは

μm(マイクロメートル)

100万分の1メートル

 

大きさの桁が違うのですよ・・・

 

確かに水分を含んだ飛沫では

μmの単位になり、ダイレクトに感染することは

防げるかもしれませんが、

生体内以外の環境では、

ウイルスは長期間生存できないというものの

マスクについたウイルスが

乾燥し結局気道に入ってしまったり

再浮遊することもあるのです。

 

ウイルスの大きさが野球ボールくらいだとすると

マスクの目は3メートル前後になるのですから

本気で予防しようと思ったら

かなり高いんですが

抗体マスクでも買わないと

感染は防げないと考えております。

 

え、そう言うあんたは

施術の時にマスクしてるじゃないかって

 

 

私がマスクをする理由は

酒臭い息を患者さんに吹きかけないための

エチケットなんですよ

 

ただ、それだけ

 

抗体マスクについてはこちらをご覧ください。

 

 

当院の施術法はどんどん進化していきますが、今まで頻繁に使用していたキネシオテープに代わり、最近では○ップ○レキバンのようなテープを使うことが多くなりました。その理由は・・・・

続きはあだち整体院院長日記で

 院長日記はこちら