2016年9月アーカイブ

 「厚生労働省2015年の

 

『日本人の食事摂取基準』から

 

コレステロールの目標量が削除された。」

 

というニュースをネットでみて

 

早速、厚労省のHPをチェックしてみた。

 

 

思えばワタシの自信作

 

『ロシアンパワー養成法』で

 

コレステロール等も含む栄養の問題を

 

世に問うたのが2006年・・・・

 

今から10年も前のことだ。

 

コレステロールは摂取する量の

 

数倍も多く、体内でつくられている。

 

なぜなら、コレステロールは

 

細胞膜をつくる成分であったり

 

抗ストレスホルモンや各種ホルモンの

 

材料として、また、皮膚内のコレステロールは

 

紫外線を浴びるとビタミンDの

 

前駆体になったりと

 

とても重要なものだから・・・。

 

流石に最近では「卵は一日一個まで」なんていう

 

アホなことをいう人はいなくなったが

 

カラダに必要でとても重要なものだし

 

卵黄のコレステロールはレシチンを含むので

 

とてもイイもんだって説明までは

 

未だに至っていない。

 

 

 

よく、「厚労省の発表では・・・」なんて言葉を

 

人を信用させるために使う輩がいるんだけど

 

そもそも、報告が5年ごとに変わるって

 

(もちろん一気に全部変わるわけではないが)

 

ワタシからすれば、どーゆーことなのよ。

 

・・・・ってな感じ。

 

日本人のカラダは5年ごとに変化すんのか?

 

5年前に報告していたことが

 

5年後には逆の報告されることもある?

 

ハッキリ言ってしまうとワタシは

 

厚労省の言うことなんてまるきり信用していない。

 

また、それを引用して人を信じさせるような輩も

 

信用するどころか軽蔑しているくらいなのだ。

 

なんの疑いもなく「厚労省のHPにそう書いてあるから」

 

って輩も同罪だと思うワケ。

 

 

島根県のスーパーヒーロー

 

鷹の爪団の吉田君は

 

こう言っていた

 

・・・・「ねっとり」

 

島根県ではネットリテラシーのことを

 

「ねっとり」と呼ぶ(嘘)

 

まぁ、ネットに限らず literacyってのは

 

大事なんだよって言うオハナシでした。

 

 

クソアニメと呼ばれて10年・・・

 

ワタシも奥出雲に帰ってきて10年

 

「秘密結社 鷹の爪」には

 

とても親近感を覚えます。

 

そして、10年経っても変わらない

 

『ロシアンパワー養成法』

 

格闘家に限らず一般の方にも

 

参考になることがいっぱい書いてあります。

 

おかげさまで重版

 

・・・・何回目かは忘れましたが

 

書店、amazonにてお買い求めできます。