健康情報の最近のブログ記事

 

 

歌詞に島根がなくて

子供ながらに悔しかった思い出が・・・

 

どうも!毎日どさくさで酒を呑んでる院長あだちです。

 

sake.jpg

「五臓六腑にしみわたるーー!」

 

まぁ、あんまり今の酒呑みはいわないですが、

昨日、五臓六腑の話が出てきましたので

ついでに、雑学も・・・・・

 

五臓の『臓』とはわかりやすく説明すると

中が詰まっている器官で、

全体が肉で出来ているような臓器のこと

(心臓・肺・肝臓・腎臓・脾臓)

六腑の『腑』とは、中が詰まっていない、

袋状の内臓を意味します。

(大腸・小腸・胃・膀胱・胆のう・三焦)

 

六腑の中の「三焦」については

正体が不明であることは

昨日説明したとおりですが、

現代医学からみて六腑の中に抜けているものがあります。

 

それは

 

膵臓(すいぞう)

 

膵臓は胃の裏側にある臓器で

強力な消化酵素をつくり、

また、インスリンなどを内分泌して

血液中の糖の量を調節します。

 

日本の医学は

はじめ中国から輸入されました。

 

漢字と同じように

漢方といいますよね。

 

漢方の五臓六腑に膵臓が抜けているのは

忘れたからでも、めんどくさかったからでもありません。

 

そのような臓器があることを知らなかったからです。

 

その証拠に

漢字には膵臓の『膵』の字はありません。

 

存在を知らないからこそ、

それを表す文字もないわけですね。

 

『膵』は漢字ではなく“国字”で

西洋医学の知識が入るようになった

江戸時代に宇田川玄真という

医者によって創られたものだったのです。

 

 

ついでに、お知らせ・・・

今日は酒の師匠でもある友人が

東京からやってまいりますので

午後からお休みさせていただきます。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

↑ ↑ ↑

混ぜ混ぜがうまくいった例

 

mix.jpg

カイロプラクティックを

ものすごく大まかに分けると

2つの流派があります。

 

一つは背骨を矯正することで

体の不調を改善するという

古典カイロプラクティック

 

これは、創始者がそういったんだから

何があっても背骨の矯正にこだわるといった

融通が利かない職人のようなもので、頑固一徹。

 

この頑固一徹派は、ストレートと呼ばれています。

 

もう一つは、

「体にいいと科学的に証明できるのであれば

なんでもやっちゃえ」という、近代カイロ。

背骨の調整だけでなく、筋肉なんかも

積極的に調整していきます。

 

こちらは、ミキサーと呼ばれています。

 

私はというと、ミキサーなんですが、

前にも述べたように、

なぜ、どういった機序で良くなるのかということが

しっかりわかるものであれば

どんどん新しい施術を取り入れていきます。

 

ただし、そんなミキサーの私でも

東洋医学の施術法を混ぜ合わせることだけはしていません。

 

カイロプラクティックというのは

アメリカで生まれた療法ですから

西洋医学がベースになっています。

 

東洋医学と西洋医学とでは

考え方があまりにも違いすぎますので

混ぜ合わせること自体に無理があるからです。

 

例えば、日本では五臓六腑なんていう表現がありますよね。

 

五臓六腑というのは東洋医学の用語なんですが

ついでに言っとくと

五臓(心臓、肺、肝臓、腎臓、脾臓)

六腑(大腸、小腸、胆のう、胃、三焦、膀胱)です。

 

西洋医学では機能別に

循環器・呼吸器・消化器・泌尿器・生殖器・免疫と

6系に分類されています。

 

臓器の分類だけでもこれだけの違いがありますから

とてもじゃないですけど、もっと深いところでは

同じ医学と言いながら全然違うものなのです。

 

無理やりミックスさせようとすると

矛盾するところだらけで、

まともなものが出来上がるわけがないのです。

 

それに、六腑の中の三焦というものなんですが

実体が不明なんですって!!

 

儒教の影響からか

解剖が行われなかったせいもあると思いますが

わけのわからない謎の臓器があるということだけで

科学少年だった私には、東洋医学を拒絶するには

十分の理由なのです。

 

でもね・・・・

狭いようで広い日本

理論の違う西洋医学と東洋医学を

ミックスして施術を行っている人の

なんと多いことか・・・

 

一度、そんな人たちの頭を解剖して

どうすれば、そんなおかしな考え方ができるのか

調べてみたいものです・・・

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

整体(カイロプラクティック)の施術

サンボの練習・指導

格闘技のテキスト製作・編集

雑誌や本の原稿のチェック  etc...

 

いやはや24時間戦っている感じ

どうも、最近寝不足の院長あだちです。

 

sleep.jpg

「やわらかいベッドで寝るのは体に悪い」って聞いたんですけど・・・

 

これも当院でよくある質問です。

 

やわらかいベッド(寝具)が体に悪いということは

逆に硬いベッドで寝たほうが体にいいということですよね。

 

 一体こんな出鱈目の言いだしっぺは誰なんだろうと

気になったので調べてみました。

 

そうしたら、どうやらその犯人は

科学的根拠の裏付けがないころの

古典カイロプラクティックと、それから

宗教と健康長寿の方法をごっちゃ混ぜにした

●●医学といわれる2つではないかということが

わかってきました。

●●医学といわれるものも、やはり実態は

宗教であって科学的な裏付けは必要なく

教祖様が

「やわらかいベッドはダメ!」といったら

科学的根拠に乏しくても

信者はみんな従いますよね。

 

狂信的な信者なら

どこへいっても力説して回るでしょうから

たちが悪い・・・

 

 

睡眠中の人を撮影してみると

8時間の眠りのなかで

少なくとも20~30回は寝返りをうちます。

 

簡単に言ってしまうと

寝返りは睡眠中にいろんな意味で

体の調整を自然に行うものです。

 

確かに、寝返りがうてないくらい

体が沈みこんでしまうようなものなら

問題はありますが

硬いベッド(●●医学では板の間で寝るそうですが)では

寝返りをうつたび、抵抗感があり

とても熟睡できるものではありません。

 

それでも、眠らなければ死んでしまいますから

浅い眠り⇒疲れが残る⇒疲れているからそれでもねむりに就く

というパターンになり、ずっと疲労感に悩まされることになります。

 

子供のころのキャンプを思い出してください。

地面にシートを敷いただけ

それに寝袋ですから

ごつごつして寝にくかったのではないでしょうか?

 

それでも、日中の疲れもあり

いつの間にか、ねむりについたはずです。

 

次の日は、あちこちが痛かったと思います。

 

くたくたに疲れ、

家に帰ってやわらかい布団でねむるのが

なんと心地よかったことか

 

 

「柔らかいベッドは体に悪いって聞いたから

板の間にかけ蒲団だけで寝てるんですけど

最近疲れがひどくって・・・」

 

・・・・・そりゃそうだ

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

体の疲れには

サウナや、水療法

そして、当院の“ほぐし”を

 

精神的な疲れには

“笑い”を

 

ということで

↓ ↓ ↓

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

   

『月光』というと私は爆風スランプのほうですね

好き嫌いではなく、単に歳の問題ですが・・・

 

 

 

「健康のためにスポーツを!!」

と、いわれますよね。

 

でも、

私の意見としては、

健康のことを考えるのならば

スポーツはやめたほうが良いと思っています。

 

あ、別に体を動かすのがまずいと言っているわけではありませんよ。

 

ただ、本気でスポーツをやろうと思ったら

どうしても勝負となるわけですから

勝つためには、それなりに無理もしなければなりません。

 

練習量が多くなり、適切な回復法ができなければ

怪我も増えます。心臓にも大きな負担がかかります。

ストレスも大きいですしね。

 

モスクワに留学してた頃、

師匠から酒は禁止されていました。

これは、禁欲という意味ではなく

心臓への負担を考えてのことです。

朝から晩まで練習していましたので

ただでさえ心臓には負担がかかっていましたから

練習以外で心臓へ負担をかけるわけにはいかないのです。

 

飲酒もできないくらいの激しい練習

 

勝つためには、それくらいしないといけないのです。

 

sombo_0001.jpg

sambo.jpg

上の画像は23歳のとき

モスクワ体育大学で撮影した時のものです。

 

今は腰までくらいしか足が挙がりませんが

それは、多少の肉離れをおこしたとしても

相手を投げる技術を優先した結果です。

 

引退してからの不自由さと

技のキレを引き換えにしたのです。

 

また、「何もそこまで本格的にやるわけではない」

という方も、よく考えてみてください。

 

寝不足で仕事の疲れも抜けないまま

早朝からスポーツをやっていませんか?

 

スポーツのイベントに駆り出されて

久しぶりに運動した後、慰労会で

お酒を飲んでいませんか?

 

あなたの心臓は確実に悲鳴をあげています。

 

本格的でも、そうでなくても

現代社会においてスポーツとは

体への負担という意味で

あまりお勧めできるものではありません。

 

「健康のために」とはじめたスポーツで

命を奪われてしまったのでは、

残された家族はたまったものではありません。

 

とまぁ、そんなこと言ってる私は

いまだに格闘技の練習を行っているわけなんですけど

理由は2つ

●格闘技(サンボ)が大好きでしょうがないから

●仕事だから    です。

 

『健康』のため、なんて一度も考えたことがありません。ハイ。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

最近、テレビは全く見ないので

まだやっているのかどうか

わからないのですが、

この歌、衝撃的でしたね。

今の子供たちの記憶に

しっかりと骨の名称が残ることでしょう。

 

わたしはというとワルツではなくロックの世代

 

 

 

 

昔、父親に

「疲れたから、腰踏んでくれ!」と、よく頼まれました。

 

子供の力は弱いですから

要は、上に乗っかって踏み踏み・・・

腰をマッサージするわけです。

 

その踏み踏み

 

今にしてみると

よく父親の肋骨を折らなかったものだと

冷や汗ものです。

bone.jpg

上の画像は、後ろから見た

頭蓋骨と背骨、そして肋骨です。

 

肋骨は上から1番、2番と数えますが

赤い色にしてある11番目と12番目をよく見てください。

 

他の肋骨と違うところがありますよね。

 

そう、他の肋骨は

前につながっていますが

11番目と12番目は

前とつながっておらず

浮いているのです。

 

 

一方だけしかつながっていないということは

構造上、脆いことを意味します。

 

とりわけ、先っぽのほうに大きな力が加われば

テコが働きますから

ポキッ!!(実際の骨折ではポキッではなく、もっと嫌な音がしますが)

てなことに、なるわけです。

 

軍隊などの格闘技では

浮いている肋骨を狙い

肺を傷つける方法も存在するくらいで

「おーい、ちょっと腰揉んでくれー!!」

などど、安易に頼むのは大変危険な行為なのです。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

忘れてしまいたい恥ずかしい出来事が

今の私には多すぎる・・・

 

どうも、赤っ恥だらけの院長あだちです。

gate.jpg

指をドアに挟んでしまった

『ガツン』と、どこかに体をぶつけた

 

そのような場合、皆さんはどのような反応をするでしょうか

 

指をギュッとしめつける・振る

ぶつけたところをさする

 

大抵の方はこのような反応を示し

それは、アメリカ人であろうが

ロシア人であろうがインド人であろうが同じ。

おそらく世界共通の反応ではないかと思うのですが

ではなぜ、そうするのでしょうか?

 

痛みというのは信号となって

神経から脊髄を通り脳に伝わります。

 

神経繊維には痛みを伝えるもの

動きや圧を伝えるもの

筋肉や筋が引き伸ばされたことを伝えるものなど

さまざまな種類のものがあるのですが、

脳は一度に二つの刺激(情報)を感じ取らないように働いており

先に感じた刺激(情報)を重視し、

後から来る刺激(情報)については

門(ゲート)を閉じて感じないようにしています。

 

これがゲートコントロールというもので

先に伝わる刺激(情報)と後から来る刺激(情報)というのは

神経線維の太さによって決定します。

 

痛みの神経には2種類ありますが

最も細いので直径が2~0.5μ(ミクロン)、

伝導速度は2~0.5(m/sec)毎秒、

対して、皮膚や関節の動きを伝える神経は

直径が12~5μで

伝導が70~30(m/sec)毎秒あるのです。

 

ブロードバンドとナロウバンドの違い

 

管が大きい(広い)ほうが

大量の情報を素早く伝えることができるというわけです。

 

「痛っ!!!」と感じだ瞬間

圧をかける・振る・さするといった

反応をすることにより

その情報が

ドドドーッと脳に伝わる

 

そして、後から来る痛みの刺激は

門が閉まっているため感じない

 

理屈を知らなくても

みんな自然に痛みを紛らわす方法を

行っていたんですね。

 

「痛いの痛いの飛んでけー」

はまさに手当の基本だとも言えます。

 

また、潜在意識は繰り返される言葉に

強く影響されますので、

痛みが飛んで飛んで飛んで飛んでと

おまじないのように言うことも

痛みを解消する方法として

実は有効なのです。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

筋肉というのは、一般的に

両端(あるいは片方)が骨にくっつき

一つ、もしくは2つの関節をまたいで

体を動かします。

 

例えば、力こぶの筋肉

 

肩の上からはじまり

肘をまたいで

前腕の骨と腱膜で終わっています。

 

簡単に言うと、その筋肉が収縮すると

肘が曲がるということになります。

 

 

他の筋肉も大抵はこのような感じだと思っていいでしょう。

 

ただし、例外はあります。

例えば首の前にある

広頚筋(こうけいきん)といわれる筋肉は

骨についていなければ、関節もまたいでいません。

 

sombo.jpg

・・・ということは、この筋肉、

体を動かす働きは、

ない(顎を下げるときの補助くらいはするでしょうが)のです。

 

では、この筋肉は何のためにあるのかというと

 

エリマキトカゲなんです。

 

なんのこっちゃ?と思われたかもしれませんが

エリマキトカゲがブームになったとき、

首の前のスジを浮き上がらせて

 

「エリマキトカゲ!!」

 

とマネする奴がいましたね。

 

そう、広頚筋は

エリマキトカゲを真似する役割をもっているのです。

 

 

エリマキトカゲの真似をする役割って・・・

 

やっぱり、なんのこっちゃ?? ですよね

 

 

ほとんどの哺乳類には肉質皮筋といわれる

皮膚の下に付着した薄い筋層があり、

種によっては胸部全体を覆っていることもあります。

 

猫が背中の毛を逆立てたり

アルマジロがボールのように丸まったり

馬がハエを振り払ったりするのは

その筋肉の働きによるものです。

 

人の場合はこの、広頚筋が

まさに、肉質皮筋で

とどのつまり、原始的な名残でしかなく

現代では、悲しいかな

エリマキトカゲの真似をするくらいしか

役割がなくなってしまった、ということなのです。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

麦も米も生で食べる人はいないと思いますが

問題なのは生卵・・・

 

なんで問題なのかは後ほど

egg1.jpg

たんぱく質というのは20種類のアミノ酸を

さまざまな順序で並べたものです。

 

その並べ方によって、たんぱく質の性質が決まってくるのですが

食品から摂取したたんぱく質が、吸収され

そのまま体の部品になるわけではありません。

 

摂取したたんぱく質は体内においてアミノ酸に分解され

筋肉や血管、皮膚といった

必要なたんぱく質の構造に応じ

DNAの指令通り並べ替えられます。

 

20種類のアミノ酸のうち

体内で作り出すことができるのが

11種類

残り9種類は食品からしか摂取できません。

 

 

必要なアミノ酸が合成や摂取によって

体内にあれば何も問題ありませんが、

一つでも欠けていると

設計図通りにたんぱく質を作ることができません。

 

自分で作り出すことのできないアミノ酸を

人体が求めるものと同じ比率で含んでいるものほど

良質なたんぱく質(食品)といえます。

 

『プロテインスコア』

とは、良質なたんぱく質を表す物差しです。

 

プロテインスコアのなかで

100点満点なのは

卵とシジミだけです。

 

ちなみに、牛肉のプロテインスコアは80

豚肉は90、大豆は56、豆腐は51です。

 

 

ただし、いくら宍道湖でシジミがとれるといっても

毎日食べられるわけではありませんので

通常、たんぱく質は卵によって摂取するのが望ましいといえます。

 

 

卵は良質のタンパク源できのう書いたとおり

コレステロールの心配もありませんので

何個でもオーケーなのですが、

生卵はだめです。

 

卵黄には様々な栄養物質がありますが

そのひとつにビタミンHともよばれる

ビオチンがあります。

これは、脂質の代謝に働くもので

欠乏すると口やまぶたに炎症がおきたり

にきびができたりします。

卵白には、ビオチンと結合して

水にとけない物質にかえる

アビジンというたんぱく質があります。

 

アビジンは熱を加えると変性して

ビオチンと結合しなくなる性質をもっていますから

加熱して食べればよいということになるのです。

 

また、卵白に含まれる

オボムコイドという糖たんぱくは

たんぱく質の消化をさまたげますが

こちらも熱で変性し働きをなくしますから

加熱さえすれば大丈夫ということになります。

 

 

血液は『血清タンパク』というたんぱく質を含むので

少し粘ついています。

もしも、たんぱく質の補給が足りなければ

血清タンパクの濃度が下がりますから

血液は水っぽくなります。

血液が水っぽくなると

水分を血管から外に滲みださせて

血清タンパクの濃度を上げようともします。

 

なにが言いたいのかお分かりでしょうか?

 

むくみやすい

 

という方、ひょっとするとたんぱく質不足なのかもしれませんよ・・・。

 

 

人気ブログランキングへ

 

 

生まれてはじめて女の人を

“カッコイイ!”と、このPV観た時感じましたね。

 

この曲

カラオケで踊りも披露しようと随分練習したんですが

ダンスのセンスがゼロだと判明し、挫折しました。

どうも、院長のあだちです。

 

egg.jpg

1年前くらいになるでしょうか

とある教育番組で

某有名大学で栄養学を教えている先生が

「卵は1日、一個まで・・・」

といっているのを聞いて

ずっこけてしまいましたが、

いまだに、そんなこと言っている

天然記念物級の馬鹿がいるんですね。

 

なまじ肩書があるだけに、困りものです。

 

コレステロールは、健康な肉体を維持するうえで

とても重要な物質で、不足していると

新しい細胞を正しく作り出すことができなかったり

ストレスを受けた時に分泌される

抗ストレスホルモンも作り出すことができません。

 

体に重要な役割を果たすコレステロールは

外から摂るのが通常、約30パーセント

 

残り、70パーセントは

実は体内、肝臓で作りだされています。

 

また、コレステロール値は体内で一定の幅に収まるように

コントロールされています。

外から摂るのが足らなければ

その分、肝臓が多く働かなければなりませんので

食物からコレステロールを摂ることは

肝臓の助けになっているともいえるのです。

 

かりに、多く摂りすぎてしまった場合でも

肝臓で分解されますので、何も問題はありません。

 

ただし、ビタミンCやビタミンEが不足していると

分解がうまくできませんし、

レシチンという物質と一緒になったときに

胆汁としてでていきますので、

コレステロール値が高いというかたは

それらの栄養素をしっかりと

外から補給してやる必要があるのです。

 

ちなみに、レシチンは

卵黄や大豆などに含まれています。

 

 

草食動物のウサギにむりやり卵を食べさせて

コレステロール値が上昇したという実験結果はありますが

鼠のような雑食動物や

人で実験すると

卵を何個食べようが

血液中のコレステロールは

ほとんど変化しません。

 

卵を食べるとコレステロールが上がるといった

根拠は全くありませんので、心配せず

卵を食べるようにしてくださいね。

 

 

少し長くなってしまいましたので、

つづきは明日。

 

 

人気ブログランキングへ