2009年5月アーカイブ

 八代の街中を流れる八代川にはオオサンショウウオが生息しています。今回、小学校でオオサンショウウオについて学ぶ学習があり、宍道湖自然館ゴビウスから講師をよんで学習会をするので「来ないか?」という公民館長さんからのお誘いがあり、ちょっと顔出ししてきました。

 

P1000667s.jpgP1000666s.jpg

 街中を流れる川にオオサンショウウオが生息しているのは珍しいと言うことで、町おこしに使えないだろうか?てな話も出てますが、ちょっと一枚噛むことになりそうです。

 八代川は綺麗な川の部類にはいと思うのですが、オオサンショウウオ自体は昔に比べて数が減ってきているとのこと。本来繁殖地である川の上流まで行きにくくなったということが理由としてあげられるんですが。

 たしかに、川に砂防堰堤や取水用の堰がちょこちょこあり、オオサンショウウオとしては上流まで行きにくいなぁ、ということもあるようで。自然繁殖がなければ早晩絶滅しちゃうわけですから、オオサンショウウオが安心(?)して繁殖できるような川の環境を作っていくことが大切だと思います。

 

 

 

 

 5月2日に猿政山でヤマシャクナゲの観察会が行われました。今回は呑谷奥の自生地での観察会です。

 コースはほぼ谷沿いで最初のうちはなだらかで歩きやすい谷で、アケビの花やタチカメバソウなどが見られます。また、一部にヤマシャクヤクも自生しており、いくつか花が咲いているのを見つけることができました。

P1000487ss.jpg

 谷は、奥に進むに連れていくつか滝を越えて上がります。最初の滝は落差もそそれほどではなく、滑らないように注意しつつあっさりと上がっていきました。

 P1000522ss.jpg

 この次の滝は斜め滝でちょっと上をまいてクリア。

 そして、最後に立ちはだかるのがかがら大滝。

 

P1000531ss.jpg

 この滝は3段に分かれており、それぞれが10m弱の高さを持っています。1の滝の左側をまいて上がると2の滝にの下に到着。

 

P1000553ss.jpg

 迫力もあり、また岩盤をなめて伝い落ちる水の紋様が綺麗な滝です。愛媛県の滑床渓谷にある「雪輪の滝」にどことなく似た風情があります。大きさは比べものになりませんが(^^;

 この滝の右側をロープを使って登坂。

 

P1000550ss.jpg

 ここを登ると3の滝に着きます。

P1000556ss.jpg

 下の2つの滝に比べてちょっと水量が少ないのですが、優しい雰囲気を持つ滝です。

 この滝もまいて上がるとやや平坦な場所に付き、ここでお昼ご飯となりました。

 このあたりから山の上の方でシャクナゲの原生林があり、ピンク色の綺麗な花を咲かせています。

 

P1000586ss.jpg

 谷底はさすがになかなか気温が上がらないようで、残雪が残っています。また、サンカヨウもようやく花が咲き始めていました。

 

P1000560ss.jpgP1000596ss.jpg

 岩盤にかかる滝の上の方ではまだシャクナゲはつぼみの状態

 

P1000614ss.jpg

 ここから急な斜面をはいつくばって登り、そして隣の谷に下るとヤマシャクヤクの群生地になります。今回はやや早すぎたようで残念ながらみんなつぼみの状態でした。

 ガレ場になっており、マムシが非常に多い場所だそうです。おそらく隠れ場所も多くエサも豊富であるからだと思われますが、まだ今の時期には出会うことはありませんでした。

 ここからは別のルートを通って帰路につきます。途中にはイワカガミやフデリンドウなどが咲いていました。 

P1000634ss.jpgP1000652ss.jpg

 参加者には小学生から若い女性から様々な年齢層の方が参加されましたが、事故もなく極度な疲労もなく無事下山することができました。またコシアブラやウド、わさびなどの山菜も採集することができ、おみやげもできたようです

 参加した皆さん、お疲れ様でした。