2011年5月アーカイブ

 5月5日(こどもの日)に限り、小中学生の入館料は無料となります。

 

 この機会にぜひ、博物館をご利用下さい。

 30日にはは虫類研究家、富田京一先生をお迎えして表題の講演会を行いました。

 告知が十分でなく、50人程度の集まりになりましたが、非常に楽しく飽きさせないお話と、様々な映像や道具や動物を用いた楽しい講演会となりました。また後半では博物館の展示を見ながら実際の恐竜のお話をしていただき、興味津々に聞いていました。

 途中では富田先生の飼っているイグアナの様子を見たり触ったりと少人数ながらも大変な賑わいとなりました。

tomy1.jpgtomy3.jpgtomy2.jpgtomy4.jpg

  2番目に見つかった恐竜が「イグアノドン」という恐竜なのですが、歯の形がイグアナに似ているということから名付けられた恐竜です。ただし、不幸なことにこのときの復元がその後約200年間の恐竜の復元を固定してしまったということがありました。写真はイグアナと、イグアノドンの一番最初の復元模型です。

 

 さて、今生きている恐竜、それは何なのか?それは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イグアナではありません。

 皆さんもほぼ毎日のように見ている生きものたちです。ヒントは「飛ぶ」。

 

 

 

 夏にも再び富田先生の講演会を予定しています。次はぜひ聴きに来て下さい。

 

 

 4月29日、ようやく博物館がリニューアルオープンしました。

 

open1.jpgopen2.jpg

 

open3.jpg

 たくさんのお客様にお越しいただきまして、非常にうれしく思います。オープニングセレモニーのあとにテープカット、志学荒神社でのお祭り、そしてレセプションとイベントが目白押しで、時間が慌ただしく過ぎていきましたが、新しい展示にも皆さん驚いておられました。

 今回のリニューアルでは恐竜関係の展示を充実させ、あっと驚くような仕掛けがしてあります。GW中にぜひお越し下さい。スタッフ一同お待ちいたしております。