出張授業の最近のブログ記事

 久々の更新になりまして申しわけありません。

 9月の25日と27日と2回にわたって阿井小学校6年生を対象にした理科の授業のお手伝いをさせて頂きました。

 25日は博物館見学のあと、阿井の福原へ移動して2カ所で地層の見学と試料の採取、学校に帰って試料の水洗と乾燥。26日は阿井小学校で火山の話をしたあとに25日に水洗した降下軽石を双眼実体顕微鏡で観察といった流れです。

 見学した地層は以前に比べると崩壊が進み、かなり見づらくなっていたり、草が覆い被さって見えなくなっていたりと、まぁどんどん自然に還っていくと言えばそれまでなんですが、なかなか地層を見ながらわかりやすくと言うのが困難になってきています。

 今回、子供達が直接資料を洗って顕微鏡で見たのは、三瓶山の大規模な噴火のうち新しい方2回のもので、約5万年前の池田降下軽石と約2万年前の三瓶浮布降下軽石です。このほかに奥出雲に飛来しているのは三瓶木次と三瓶雲南というものもあります。時代の古い物から新しい物へ黒っぽい鉱物が増えていくという傾向があり、三瓶浮布はカミングトン閃石という鉱物が入っているのが特徴です。

 

三瓶浮布.jpg

 

 一通り見て違いがわかったあとには色々な資料を見てもらいました。

 大山松江軽石火山灰、姶良AT(鹿児島から飛んできている火山灰の一つ)、砂鉄、三瓶雲南降下軽石など

 また、火山灰だけでなく海の砂や植物なども見てみました。

 鳴き砂、島根半島の海水浴場の砂、星の砂、ハワイの黒砂、ハワイのグリーンサンド、茅の葉っぱなど

 

 それぞれが思い思いの資料を熱中して観察しており、なかなかいい授業だったのかな?と思っています。

 

 

 授業に関しての詳細は博物館までお問い合わせください。 

 

 

 

 

 

 以前の授業の話はこちら

 

 

 2月3日水曜日、布勢小学校での自然クラブの様子です。

 前回に引き続きミクロの世界をのぞく「ちょっとだけミクロ-その2」なのですが、今回は海の砂を見てみるということで、島根半島の海水浴場の砂を見ます。

 

 「砂を見て何が面白いの?」

 と思う人がいるかもしれません。

 

 

P1000683.jpg

 島根半島の海水浴場の砂には、普通の岩片や鉱物からなる一般的な砂粒が少ない場合があり、生物遺骸(貝殻やウニのとげ・微小貝など)が非常に多く含まれる砂があります。

 コレを顕微鏡で見ると

 

砂.jpg  こんな感じに見えます。

 真ん中には、いっけんアンモナイトのような生き物が入っていますが、これは有孔虫(ユウコウチュウ)という生き物の殻です。なかにひとつ巻き貝の殻がありますが、これは大人になってもこの大きさにしか成長しない微小貝(ビショウガイ)の一種です。

 普通の砂は下のような感じです・・・・あまり普通でもないかもしれませんが、琴ヶ浜の鳴き砂です。

鳴砂.jpg

 透明な粒は石英(セキエイ)で、結構丸まっていまする。この砂粒同士がこすれることで「キュッキュッ」という音を出しまする。上の島根半島の砂と様子が全く違うことがわかります。島根半島の砂は「生物遺骸が多い=炭酸カルシウムが多い」ということになり、塩酸などの酸に漬けるとあっという間になくなってしまう場合があり、セメントの骨材としては使えないとのことです。

 

 生き物の殻でできた砂浜でよく知られるのは、沖縄県で見られる「星砂の浜」ですが、これを顕微鏡で見ると

星砂.jpg

 つぶつぶの穴の開いた「バキロジプシナ」という有孔虫が非常にたくさん含まれていることがわかります。

 

 作業は、用意した台紙を両面テープでくっつけて、その上に双眼実体顕微鏡で観察しながら拾い出した有孔虫や微小貝を分けて載せていくようにします。

 

P1000680.jpgP1000681.jpg
picup1.jpg

  つまようじの先をちょっとぬらして、一匹一匹拾い出すという作業は忍耐力と集中力が必要ですが、みんな一生懸命、時間がたつのも忘れて標本を作りました。

 

 

 完成品がこちらです。

picup2.jpg

 紙の大きさが横6cmたい2.5cmなので、拾い出したものがどれだけ小さい物かよくわかると思います。

 

 クラブの皆さん、よく集中して作業し、きちんとした標本ができました。 

 

 

 

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

 さて、今年第1回目(通算8回目)の布勢小自然クラブは「ちょっとだけミクロ-その1」ということで、双眼実体顕微鏡を使っての観察を行いました。対象物は砂とか葉っぱとかチリメンとか化石など。 

 双眼実体顕微鏡は、対象物を20倍から40倍に拡大して観察するときに使います。虫メガネでは小さすぎてよくわからないし透過型の顕微鏡では大きくなりすぎてよくわからないといった場合、あるいはプレパラートを作らずに対象物の表面の様子を直接見たいという場合に便利な観察器具です。

P1000629.jpg

 

 P1000631.jpg

 様々な物をそれぞれがめいめいに色々な物を観察。時には驚きの声が上がったり、アレが見たいコレがみたいと騒ぎになったりと、それでもみんな集中して観察していました。

 

 

  ここでクイズです。次の写真は何の顕微鏡写真でしょう?

 

 

110102.jpg110101.jpg110103.jpg110104.jpg110105.jpg

 正解は、上から順番にササの葉、ツツジの葉、ヒイラギのとげ、松葉の先端、ヨモギの葉の裏です。

 ほとんどの植物が雪に埋もれているので手近な葉っぱで観察してみましたが、それでもなかなかに面白い物が観察できました。

 

  また、現生の生物だけでなく小さな化石の観察も行いました。

 

 

オパキュリナ.jpgフズリナ.jpg

 

 上は広島県庄原市の備北層群から見つかる有孔虫オパキュリナの化石(約1800万年前)、下は岡山県新見市の阿哲台の石灰岩から見つかるフズリナの一種の化石(約2億800万年前 )です。

 

 

 次回は、島根半島の海水浴場の砂の中に含まれる有孔虫と微小貝の観察と標本作りを予定しています。

 

 

 

 

 

 続けてスイーツです。

 今回はプリンと杏仁豆腐

 

pudding1.jpg

 どう考えても普通に宇宙に持って行ったら、ロケットが上昇する時のGで壊れてしまうだろうにという代物。当然フリーズドライです

 

 

pudding2.jpg

 左がプリン、右側2つが杏仁豆腐です。プリンは、ぱっと見で卵豆腐みたい。

 

 このあたりになると食べ方が難しい。普通にかじろうとすると細かい粉末がぽろぽろと落ちます。宇宙空間というか宇宙ステーションや宇宙船の中では、細かい粉末も変な隙間に入り込むと故障の原因になりそうなので、できるだけこぼさないように食べないと、ということで、口の中でゆっくり溶かしながら味わうという感じでいただきました。

 

 プリンはたしかにプリンの風味があります(あたりまえですが)。こってりとしたモノではなくあっさりした味で一袋ならあっという間に食べてしまいそう。杏仁豆腐も、杏の風味がして意外と美味しいです。ただ口の中で溶かして食べてると、ちょっともチャッとした感触が口の中に残るのが玉に瑕という感じで、これはフリーズドライ系スイーツの宿命なのかもしれません。

 

  でも、ちょっと興味があるのは

 

 「はたして宇宙空間では美味しいプリンとか杏仁豆腐とかケーキとか作ることができるのであろうか?」

 

 というあたりです。

 

 油と水を混ぜると、地球上では重力で重い水と軽い油に分かれますが、無重力状態では分離せずに混ざったままです。ということは同じようにクリームを作るときなどには地球上とは異なる混ざり方をすることになりそうですから、変わった味のスイーツができるのかもしれません。

 どんな味になるのか、ちょっと興味がありますね

 

 

 



 

カレンダー