情報の最近のブログ記事

 5月21日の朝、九州地方・四国地方の一部・近畿地方南部・中部地方南部・関東地方の大部分、東北地方南部で、日本では25年ぶりとなる金環日食が見られます。その他の地域でも、部分日食が見られます。

 日食は月が太陽を隠すために起こる天体現象です。通常は月が太陽を隠すことはないのですが、月の軌道が地球が太陽を回る軌道に対して傾いているため月が太陽を隠すということが起こります。、それぞれの軌道を計算することによって日食がおこる時間や時期を予測することができます。

 地球が太陽を回る軌道は楕円軌道ですので、太陽と地球の距離も微妙に変化します。地球が太陽から離れていると月はすっぽり太陽を隠してしまって皆既月食となりますが、地球と太陽が近いと月が太陽を隠しきれずに月の周りにあふれる金環食という状態になります。

 皆既もしくは金環食になるエリアは帯状で、その上下に部分日食の見られる地域ができます。帯に近いほど影になる割合が増えます。

 

 奥出雲町では太陽の90%が隠れる部分日食になります。太陽が欠けている日食の時間は朝6時18分から8時51分までです。特に大きく欠けている時間帯は7時22分ごろから7時36分頃で、この間は太陽の86パーセント以上が隠されるためかなり暗くなると思われます。

 日食ナビ 島根県奥出雲町

 

  http://eclipse-navi.com/20120521/kakuchi/08_chugoku/32/323438.html

 

 その他今回の日食に関してはJAXAよりくわしい観察ガイドが出ていますので、そちらを参考にしてください

 

 『みんなで木もれ日を撮ろう』キャンペーン
 http://edu.jaxa.jp/komorebi/

 

 くれぐれも太陽を直接長時間見たり、望遠鏡や双眼鏡で見たりもといったことは絶対にしないようにしてください。博物館もしくはメガネの三城で販売されている太陽観察用グラスを使って観察してください。

 

 

リンクを追加

 国立天文台 2012年5月21日金環日食

 http://naojcamp.mtk.nao.ac.jp/phenomena/20120521/

 

 

 

 奥出雲多根自然博物館では、2/7(月)より、博物館各施設の改装のため休館します。

 4/29(金)にはリニューアルオープンいたしますので、皆様のまたのご利用をお待ちしております。

 

 

 

 昨年末より続いておりました高校生以下入館無料キャンペーンは、5月21日記事の新料金導入にあたり5月30日をもって終了させていただきます。ご利用いただいた皆様、ありがとうございます。

 なお、今後は「青少年育成島根県民会議」の推進する「しまね家庭の日普及啓発活動」協力する形で、毎月第3日曜日が、高校生以下無料となります。

 皆様のますますのご利用をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 このたび博物館では、より多くの皆様にご気軽に博物館を利用していただけるよう、入館料の値下げを決定いたしました。

 

 6月1日より下記新料金へ移行します(カッコ内は団体料金)。

 

大人      500円(400円)   

 

高校大学生  300円(240円)   

 

小中学生   200円(160円)   

 

 

 

皆様のご利用をお待ちしております。

 

 

 先日、阿井小学校で火山灰の学習があり、顕微鏡を持ってお手伝いに行ってきました。

 奥出雲町ではあちこちで軽石火山灰の地層をみることができます。全部で5枚の軽石火山灰層が確認されていますがそのうちの一番下にある1枚は約13万年前に大山から飛来したもので、残る4枚は三瓶山から飛来したものです。

 福原ではさらにこのうちの3枚の軽石火山灰の地層を確認できますが、中にははるか九州から飛来した火山灰も確認できます。

 写真は約23000年から26000年前に鹿児島県にあった火山が今の鹿児島湾のカルデラを作る巨大噴火(破局的噴火)を起こしたときに噴出した火山灰の顕微鏡での様子です。この火山灰は「姶良-丹沢火山灰(AT)」と呼ばれているもので、含まれる火山ガラスが特徴的です。

 

at1.jpgat2.jpg

 

 条件が良ければ三瓶浮布軽石火山灰層の直下にしばしばみられ、尾原ダムの原田遺跡の発掘時にも確認されています。また一つの地層として確認できる場所もあります。

 良く授業で使われる写真の福原の露頭では、真ん中の軽石火山灰(三瓶池田軽石)とその上にほんの少し見える軽石火山灰(三瓶浮布軽石)の間にある粘土層の中に含まれているのを今回確認しました。

 

P1010645.jpg

 

090204a.jpg

090204b.jpg

 

 前回に引き続き、海の貝の標本作りを行いました。

 まず、前回大まかに分けた貝にそれぞれ名前を付けて、そのあと自分が気に入った貝を選んで板に瞬間接着剤を使ってくっつけ、ネームシールを貼り、貝がきちんと固定した後に木工用ボンドで補強します。

 古浦海岸では今のところ約80種類の打ち上げ貝を確認していますが、まだきちんと分類できていないものもあり、今回の分類でも種類がわからないものがいくつか出てきたので追って調べていきたいと思っています。

 普段あまり海の貝に触ることがないので、今回の標本作りはいい経験になったのではないか?と思います。

 

 

 

 

旧blogとクロスポストになりますが、

猿政山ビュー

 猿政山北部斜面の水系にある多くの滝の写真をGoogle Earth用のデータとして作ってみましたので、興味がある方は

http://www2s.biglobe.ne.jp/~nurikabe/sarumasa_taki.kmz

をダウンロードしてGoogle Earthで見てみて下さい。

Google Earthの入手先は

http://earth.google.co.jp/

です

 

奥出雲病院でも写真展をするらしいのですが、詳しい日時はまだわかってません。

 

 



 

カレンダー