2011年1月アーカイブ

 144akutagawa[1].jpg 

 


 

2010年度 下半期

第144回 芥川賞

「きことわ」(新潮9月号) 

朝吹真理子
朝吹真理子(あさぶき まりこ)
1984年、東京都出身。慶應義塾大学修士課程文学研究科在籍。小説家としてのデビュー作「流跡」を「新潮」2009年10月号に発表、2010年堀江敏幸の選考で20回ドゥマゴ文学賞を受賞。
【内容紹介】
神奈川・葉山の別荘を舞台に、二十五年ぶりに再会した二人の女性の過去と現在を、夢と現実の境を行き来する形で描く。

「苦役列車」(新潮12月号)

西村賢太
西村賢太(にしむら けんた)
1967年、東京都出身。2003年夏、同人雑誌『煉瓦』に参加して小説を書き始める。2007年、『暗渠の宿』で第29回野間文芸新人賞受賞。2008年、「小銭をかぞえる」で第138回芥川賞候補。
【内容紹介】
日雇い労働を続ける十九歳の男の気だるい日常と交友を描く。

-候補作品-

「母子寮前」
  小谷野敦 著(文学界9月号)

「第三紀層の魚」
  田中慎弥 著(すばる12月号)

「あぶらびれ」
  穂田川洋山 著(文学界11月号)

 


第144回 直木賞

表紙画像

『漂砂のうたう』

木内昇 著 / 集英社 / 税込 1,785円 / 2010年9月
木内昇(きうち のぼり)
1967年、東京都生まれ。中央大学文学部哲学科心理学専攻卒業。フリーランスの作家・編集者として活躍。小説家としてもデビュー。2009年、第2回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞受賞。
【内容紹介】
明治10年。時代から取り残され、根津遊廓に巣食う男と女の身に降りそそぐのは、絶望の雨か、かすかな希望の光か…。谷底から見上げた「明治維新」。「茗荷谷の猫」で大注目の新鋭が放つ傑作長編小説。
表紙画像

『月と蟹』

道尾秀介 著 / 文藝春秋 / 税込 1,470円 / 2010年9月
道尾秀介(みちお しゅうすけ)
1975年兵庫県生まれ。2004年『背の眼』で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞しデビュー。『光媒の花』で第23回山本周五郎賞受賞、第143回直木賞候補に。
【内容紹介】
やり場のない心を抱えた子どもたちが始めた、ヤドカリを神様に見立てるささやかな儀式。やがてねじれた祈りは大人に、そして少年たち自身に不穏なハサミを振り上げる。子どもたちの切実な心が胸に迫る傑作。

-候補作品-
表紙画像

『砂の王国 上・下』

荻原浩 著
講談社
税込 各1,785円
2010年11月
表紙画像

『悪の教典 上・下』

貴志祐介 著
文藝春秋
税込 各1,800円
2010年7月
表紙画像

『蛻』

犬飼六岐 著
講談社
税込 1,680円
2010年6月
 

 

144akutagawa[1].jpg

gou_bnr[1].jpg 

 NHK大河ドラマ『江』関連の書籍を紹介します。

1月9日より、大河ドラマ「江 姫君たちの戦国」がスタートします!
脚本は、篤姫ブームを巻き起こした田渕久美子さん。
江ってどんな人? 江が生きた時代ってどんな時代? 新たなブームが始まる前に、予習しましょう!

原作はこちら

『江 上』

著者:田渕久美子 出版:日本放送出版協会 税込 893円
女の戦は生きること、本日只今を生きること。2011年NHK大河ドラマ原作。

『江 中』

著者:田渕久美子 出版:日本放送出版協会 税込 893円
戦国の世の運命に翻弄された美しき浅井三姉妹の三女・江。その波瀾の生涯を描く。

『江 下』

著者:田渕久美子 出版:日本放送出版協会 税込 893円
大奥の潔い終焉を描き「篤姫ブーム」を巻き起こした著者が鮮やかに華やかに描く姫たちの戦国。

ガイドブック

『江姫たちの戦国 前編』

出版:日本放送出版協会 税込 1,100円
NHK大河ドラマ「江姫たちの戦国」前編がわかる。トークセッションも掲載。

『NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」完全ガイドブック』

著者:ニュース企画 出版:東京ニュース通信社 税込 980円
ストーリーダイジェスト&登場人物詳細関係図、キャスト・スタッフインタビューなどドラマ情報が満載。

『NHK大河ドラマ江~姫たちの戦国~完全読本』

出版:角川マーケティング 税込 860円
2011年NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の出演者、相関図、ストーリーダイジェストまで網羅した必携本。

『江ガイドブック』

出版:新人物往来社 税込 1,470円
茶々・初・江の史跡ガイドや、姫君たちの華麗なるファッション、絢爛なる桃山文化のグラビアなどを掲載。

『戦国残照お江とその時代』

著者:志村有弘 出版:勉誠出版 税込 1,260円
歴史と文学をつなぎ、崇源院・お江と彼女の生きた時代を浮き彫りにする。

より深く知る

『戦国を終わらせた女たち』

著者:童門冬二 出版:日本放送出版協会 税込 1,365円
茶々・初・江は戦国をいかに生き、天下人たちとどう関わったのか。

『戦国政略結婚史』

著者:高野澄 出版:洋泉社 税込 903円
NHK大河ドラマ「江・姫たちの戦国」の世界がわかる、戦国政略結婚史。

『知識ゼロからの戦国の姫君入門』

著者:小和田哲男 出版:幻冬舎 税込 1,365円
愛され、利用される、血をつなぎ、家を守る。天下を動かす戦略結婚とは?

文庫サイズでどこでも予習

『江浅井三姉妹の生涯と戦国』

著者:坂本優二 出版:河出書房新社 税込 693円
数奇な運命に翻弄された三姉妹の謎の生涯を史料・手紙から解き明かし、その肉声を甦らせた。

『クイズで入門戦国の武将と女たち』

著者:かみゆ 出版:講談社 税込 690円
学校では教えてくれない戦国武将とその肉親たちのエピソードや生き様を、クイズ形式で楽しく解説する。

『江の謎姫たちの戦国物語』

著者:武山憲明 出版:ぶんか社 税込 630円
浅井三姉妹の末娘・江の波乱に満ちた生涯を、同時代に生きた武将・姫との関わりとともに紐解く戦国歴史雑学。