いもの苗植え

|

 5月27日になかよし班でいもの苗植えを行いました。4月には稲の苗植えを行いましたが、今回はいもの苗植えです。勤労生産学習をすることで働くことの大切さや収穫の喜びなどを体感できると思います。キャリア教育、ふるさと教育の大切な活動でもあります。

IMG_2602.jpgIMG_2604.jpg

木山祐策氏との打ち合わせ

|

 この度、地域協同コンソーシアム事業としてNHK紅白歌合戦に出演された木山祐策氏と横田高校生徒、高尾小学校児童と鳥上小学校児童(5~6年)で「生きて」という歌を合唱する企画に参加することにしました。今日は、その木山さんとオンラインで顔合わせをしました。一人ひとり自己紹介をし、木山さんからこの企画についての思いを聞かせてもらいました。今、コロナウイルスで厳しい時期を生き抜くことをメッセージとしてたくさんの人に伝えていく企画です。これから、本格的に歌の練習も行っていきます。

IMG_0176.JPGIMG_0180.JPGIMG_0179.JPG

動画配信をはじめました

|

 18日から学校再開となりました。非常事態宣言が解除になりましたが、文部科学省から「学校の新しい生活様式」が示されました。島根県は、これによりますとレベル1に該当し「可能な限り感染症対策をして活動をする」ということになります。先週から、保護者限定公開で子どもたちの様子をYOUTUBEを使って動画配信をすることにしました。授業公開日なども中止となって子どもたちの学校での様子を少しでも知っていただければと思います。

田植えをしました

|

   CIMG1952.jpgCIMG1951.jpgCIMG1949.jpgCIMG1948.jpg18日の10時から田植えを全校で行いました。毎年お世話になっている新田さんの田んぼを借りた田植えです。はじめに新田さんから田植えの方法や農業についてのお話を聞きました。当日は、民生児童委員の加納さん、浅野さん、児玉さん、鳥上公民館、PTAの安川さん、加納さんにもお手伝いしてもらいました。秋の収穫につながる田植えとなりました。

 

元気な声が帰ってきました

|

 18日から学校の正式な再開となりました。13日から3日間午前中の登校で授業も行いました。やはり、子どもたちの明るい笑顔と元気な声がないと学校らしくありません。外出自粛中の様子を5,6年生は作文に書きました。色々な過ごし方があったようですが、休みを前向きに考え、生かしている子もいましたので紹介します。

「ぼくの休校中にがんばったことは手伝いや運動です。田植えは、他の県から親せきの人が来られないからです。少ない人数でするのでいっしょうけんめいしました。他にも手伝えることはやろうと思い、いろいろなことをしました。運動は、休みの間ずっとゴロゴロしているとスタミナが落ちてしまったら大変だからです。学校のランタイムなどでシールがはれないといやだし、ホッケーなどの習い事に影響が出てプレーできないからです。この2つを意識して休校中過ごしたのでこれからもがんばりたいです。」

「私はこの休みの間、父とたくさん話をしたり遊んだりすることができました。父はテレワークで仕事をしていていつもは家にあまりいなかったのでできなかったことをたくさんしていました。例えば、畑仕事やDIYを一緒にしたことです。外出ができなくてもたくさん誰かと楽しむことができるんだなと思いました。もう一つ私にはこの休みで良かったなと思うことがあります。それはテレビのニュースや新聞をたくさん見ることができたことです。なぜなら、このコロナウイルスで世界中の人々が毎日困っていて、それを詳しく伝えてくれるニュースを見る時間がたくさんあり、今まで考えていなかった日本の考え方や世界の他の国の考え方を知ることができ、これからももっと日本や他国のことを知りたいと思ったからです。」

  この家での経験をこれからの生活にぜひ、生かしていってほしいと思います。

CIMG1946.jpg

登校日2日目

|

授業の様子.jpg今日は、登校日2日目でした。気温も上がり、暑くなってきましたがみんな元気にがんばって授業を受けました。明日は、今週最後となります。がんばって登校してくれればと思います。勉強の方も少しづつ軌道に乗ってきましたのでまたご家庭でもご支援のほどをよろしくお願いします。

今日から登校日

|

全校朝礼.jpg今日、久しぶりの登校となりました。全校のみんなの元気な顔が見られて安心しました。はじめに全校朝礼を行いました。校長の方から臨時休業の家での様子、全国・島根の新型コロナウイルスの感染について、行事の中止について、これからの生活について話をしました。明日と明後日も3時間授業です。今日から早速学習の遅れを取り戻すための国語や算数の授業を行いました。まだまだ窮屈な生活とはなりますが、乗り切っていってほしいと思います。久しぶりに友だちと会えてみんなうれしそうでした。

 

学校再開に向けて

|

昨日、奥出雲町の各小中学校の学校再開に向けての日程が決まりました。18日(月)から学校再開となります。ただし、11日から15日までの期間は各学校の実情に合わせての登校となりました。鳥上小学校では、職員で話し合いをした結果13日(水)~15日(木)の3日間の午前中3校時授業を行うこととしました。久しぶりの学校で少し慣らしの時間を確保したい。遅れていた学習を少しでも取り戻したいということからこのように決めました。同じ島根県でも県立高校、松江市、雲南市は31日まで休校と対応が自治体によって分かれています。コロナウイルスがまだまだ収束していないということ、感染リスクがまだあることなどから学校が再開となっても慎重な対応がまだ必要な時期です。昨日、配布しました文書にもありましたようにいくつかの行事関係が中止または延期としました。子どもたちにとって楽しみにしていた運動会、水泳大会、宿泊研修も中止となりました。学校では、コロナウイルスの感染状況、感染リスクと対峙しながら今後も予定を決めていくことになるかと思います。13日は、子どもたちの元気な顔が見られることを期待しています。

ゴールデンウイークのすごし方

|

5月7日が学校再開の予定日でしたが、メールでお知らせしましたように休校となりました。予定としては、11日が学校再開予定日です。本来ならば、楽しみにしているゴールデンウイークですが、今年は外出自粛というつらいゴールデンウイークとなりました。コロナウイルスによる感染が最も怖いのですが、重苦しさからメンタルの方がダウンしてしまうことにも気をつけなければなりません。そのためには、気分転換がとても重要になるかと思います。体を動かしてみると心が少し軽くなりますので軽い運動を。そして、心が通うと心が軽くなりますので家族との明るい会話を。手伝いをすると家族との絆が深くなり心が明るく。勉強や読書をすると心に充実感が。好きなことに没頭すると時間も早く経ちます。普段ならなかなかできないことにもいろいろと挑戦してみて自分を高めたり、自分の心をコントロールしたりするスキルも身に付けるといいかなと思ったりもします。それと何といっても鳥上は都会にはない自然があります。散歩などして植物、生き物などに触れ、自然の中で自然を改めて体感すると癒される気持ちにもなれるかと思います。

学校再開に向けて

|

 20日から休校措置となって10日経ちました。この後、ゴールデンウイークに入り学校再開まであと7日となりました。しかし、この休み中に出雲市でも感染が発生しました。非常事態宣言また感染症の広がり次第ではこの先もどうなるか見通しがつかない現状にあります。中学校では県総体中止となり、そのショックは生徒、教員、中学校にとってはとても大きなものだと思います。鳥上小では休み中に本を借りに来た人もいて元気そうな様子で安心しました。学校では、7日の再開に向けて準備を進めています。今週も担任の方から電話をしますのでまたお家での様子をお伝えください。体調管理も大切ですが、メンタルの方も心配しております。明るい会話と適度な運動にも心がけストレスが溜まらないようにご配慮ください。





ProFile

奥出雲町立鳥上小学校

〒699-1802

島根県仁多郡奥出雲町大呂1151-2

℡:0854-52-0129 fax:0854-52-0129

E-Mail:torisho@town.okuizumo.shimane.jp



カレンダー

カテゴリ