横田域連合修学旅行(鳥上小)

|

  9月7日から2日間にわたり、横田中学校区の4校の小学6年生が修学旅行に行きました。平和記念公園での平和学習を学習の柱として、「学ぶ・かかわる・ふかめる」をテーマにして、それぞれの児童が学びを深めました。

 早朝6時30分に横田小学校を出発した一行は、午前9時過ぎに広島平和記念公園に到着し、平和学習を行いました。原爆の子の像の前で平和の集いを行い、誓いの言葉をみんなで唱え千羽鶴を供えました。

DSCF4968-2sss.jpg


DSCF4974-2sss.jpg

 平和記念資料館で原爆が投下された状況などについて学びました。他校の修学旅行生や外国の方もたくさん学んでおられました。

DSCF4978sss.jpg

 資料館見学の後、被爆体験者の方の講話を聞きました。「平和とはだれもが安心して暮らせること。一人一人が輝いていること。みんなが幸せを感じること。」と平和へのメッセージを送っていただきました。また。ピースボランティアガイドの方に、平和公園内の施設や記念碑などについて説明を受けました。

DSCF4998-2sss.jpg

 平和学習の後、中国地方最大の自動車工場でもあるマツダ工場の見学をしました。夜は、野球のスタジアムに行き広島阪神戦を観戦しました。球場が一体になった応援の仲間に加わり、野球観戦を楽しみました。

DSCF5037sss.jpg

DSCF5078-2sss.jpg

 2日目には、フェリーで宮島に向かい、厳島神社や宮島水族館の見学、班別の自主研修を行いました。午後には、最後の見学場所として広島造幣局に行き、硬貨の作られ方について学びました。

DSCF5119-2sss.jpgDSCF5050-2sss.jpg

 あっという間の2日間でしたが、平和の大切さ、広島の歴史や文化、産業について多くのことを感じ、学ぶことができた修学旅行でした。修学旅行生のために様々な場面で多くの方に支えていただきました。皆様の力添えに感謝しながら、これからの学校生活を送りたいと思います。