鉄穴流し体験(鳥上小)

|

 鳥上みどり会の皆さんにお手伝いいただき、鉄穴(かんな)流し体験を行いました。奥出雲は古くからたたら製鉄が行われており、たたら製鉄で欠かせない良質な砂鉄が鉄穴流しという方法で採取されてきました。この学習は、昔の鉄穴流しを追体験することにより、当時の人々の思いを知り、たたら製鉄に対する学びを一層深めることをねらったものです。
 子どもたちは大きく重い打鍬に振り回されるようでしたが、次第に慣れ、嬉々とした表情で作業を行っていました。砂鉄と砂の比重の違いを生かし、より純度の高い砂鉄を採取する方法も学ぶことができました。
 みどり会の皆さんには、毎年のようにこの体験の場を提供していただいています。地域の皆さんに感謝しながら、これからも学習を進めていきたいと思います。DSCF7867sss.jpg

DSCF7877sss.jpg

DSCF7915sss.jpg

DSCF7903sss.jpg