体の内側からキレイになれる食を追及する、ビューティーフード研究家の室谷真由美さん

マクロビオティックによる食と健康セミナーを、マクロの聖地・奥出雲で開催しました

とても美しい笑顔で、身土不二、一物全体、陰陽調和などを易しく解説されました

室谷6.JPG

健康な食事法・マクロビオティックは奥出雲町ご出身の故久司偕子さんと夫の久司道夫氏により

世界に普及されました。今回その顕彰委員会で開催されました~奥出雲多根自然博物館にて

講演会.JPG

テーマは、「モデル直伝☆美を創造する食・マクロビオティック」

キレイになれる秘訣を伝授していただきました

クッキング.JPG

モデル、女優などにも活躍する中、玄米菜食を広めるマクロのセミナーを全国で開催する

室谷さん。東京から仁多米の故郷に初めてお迎えしました。

古より変わらない奥出雲の山々と自然が飛び込んでくるトロッコ列車

都会地の皆様にとって、この何気ない田舎の景色がなんとも新鮮に映り好評

団塊世代の青春を運んだかっての鉄道沿線風景は、我々にも懐かしく楽しい

トロッコ11.JPG

お米の郷奥出雲を物語る、仁多米の水田が美しく彩ります

IMG_2500.JPG

新鮮な緑の風は、自然に子供の笑顔を呼び込みます

トロッコ22.JPG

スサノオが降り立った神話の山「鳥髪の峰(船通山)」をトロッコから望む

DSCN0261.JPG

斐伊川支流の清らかな川沿いを走る、トロッコ列車「奥出雲おろち号」

佐白あたごまつり

|

昭和30年代には、村人を驚かす山車が繰り出し賑わった佐白の夏祭(愛宕さん)

1年に一度の夏のイベントを、今年は当家として祭典行事を担当しました。

出し物は、神楽、盆踊りと恒例ながら飽きのこない楽しみです(8月22日)

atago1.JPG

「愛宕大権現」を祀るのは地元の玉雲寺。仏式の祭礼です。

atago2.JPG

布勢地区の「八代子供盆踊り」は夏休みの伝統行事です

atago3.JPG

奥出雲神代神楽社中による「ヤマタノオロチ退治」で夏祭りは最高潮に!

奥出雲町合併10周年を記念して「夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会」開催

1928年に「国民保険体操」として始められ、夏休みの早朝ラジオ体操が懐かしい

本日8月19日、奥出雲町から電波に乗せて、全国・世界に生中継されました

t.JPG

体操指導はおなじみの西川佳克さん、ピアノは名川太郎さん。

t2.JPG

参加者1300人と発表されました(奥出雲町・三成公園陸上競技場)t4.JPG

t5.JPG

旧仁多町の2回を含め、奥出雲町から3回目の全国放送となりました。

旧石器時代(3~1万5千年前)の調理施設跡が確認された奥出雲町の「原田遺跡」

神話の大河・斐伊川に建設された尾原ダム湖底の佐白・旧前布施地区にあります

ダム湖の渇水により、その場所が現れ古のロマンを訪ねることができます

原田遺跡.jpg

左手前が遺跡の中心地~奥出雲町佐白・旧前布施地区

ダム遺跡.jpg

川沿いから、人が住みはじめたと思われます

原田遺跡3.jpg

確認された生活跡では、最古の遺跡であることがわかります

無病息災を祈るトンド祭り

|

恒例の自治会トンド祭りで今年の無病息災を祈りました

真新しい雪が降る中は清々しい気分になります 

tonndo4.JPG

宮司さんの祝詞のあと、年男年女による点火で燃え上がりました

 

tonndo.JPG

 

                     お餅やスルメを焼くのを楽しみに子供たちも嬉しそうです

 

tonndo3.JPG

 

                                 今年は地元若者会による美味しい「おでん」のサービスがありました

                              1/12 奥出雲町佐白本郷(佐白町自治会・佐白自治会)

新奥出雲町長誕生

|

   

前町長の辞職に伴い今月16日に告示された町長選挙において、

勝田康則前副町長の無投票当選が決まり、新町長が誕生しました

「この町とともに」使命感あふれる勝田町長のご活躍を祈ります

10 - コピー.JPG

立候補の第一声は奥出雲町役場仁多庁舎前で行われ、立候補の決意を訴えました。

 CIMG4040 - コピー.JPG

午後5時に無投票当選が決まり、仁多カルチャ-プラザでの当選報告会に臨まれた勝田康則氏と夫人

新聞 - コピー.JPG

   

全国から奥出雲に訪れるJRトロッコ列車のお客様を、三成幼稚園児が歓迎しています

毎週金曜日に三成駅でトロッコ列車を出迎え、乗客に花のタネを贈っています

この花のタネには、幼稚園で育てた「しあわせのたね」と書かれています。

みなり1.JPG

幼稚園でつくった手作りの歓迎看板などを持ち、可愛らしく温かいおもてなしです

みなり2.JPG

思いがけない園児たちの歓迎と、プレゼントは、奥出雲の温かい思い出となるにちがいない

みなり3.JPG

「奥出雲の思い出と共に、幸せの花を全国で咲かせて下さい」・・・小さな真心が伝わり、

名残を惜しみ、手を振る乗客と園児たちの交流です

 

農村に文化の灯を!1965年(昭和40年)に布勢青年学級音楽グループが誕生しました。

私も昭和42年に仲間入り、さまざまな行事に日夜出演し、地域活性化にと青春を燃やしました。

当時の布勢中学校・音楽の先生をはじめ、先生方の全面協力で地域活動を行いました。

学校と地域は強い絆で結ばれ、青年は地域の為にと強い使命感を抱いていました。

懐かしいアルバムに遭遇し、青春物語がよみがえりました。

ニューエース2.jpg

素人ながら、田舎で生バンド演奏は引っ張りだこで、メンバーは仕事をやりくり出演しました。

演奏には中学校の先生がいつもボランテアで参加されました。(私のパートはドラム)

にゅーえーす.jpg

出演料と借入金でやりくりしながら楽器をそろえた苦労が懐かしい!  こんな時代の青春物語です

    

日本の復興、発展に命を懸けたリーダーたちの人間ドラマに涙し、感動しました

現代人が忘れかけていた、働く意味を問いかけていたと思います。

すばらしい俳優陣により奥出雲町でもロケが行われ、画面で協力紹介がされました

テレビ1.JPG

福澤監督はじめ、TBSの皆様の奥出雲町に対する気持ちが伝わります。

テレビ2.JPG

        絲原家・絲原記念館は、愛知佐一郎社長宅として重要なシーンのロケが行われました

テレビ3.JPG

          お食事を含め、町を挙げての協力でした

テレビ4.JPG

 俳優さん、スタッフにお泊り頂いた施設など、ご紹介いただきました。





ProFile

奥出雲の四季・スケッチブック

     

☆ 懐かしい故郷のひとコマ!

☆ 初めて出会う奥出雲のひとコマ!

写真スケッチによる「ふるさとだより」です。

 

   島根県仁多郡奥出雲町

       仁多米の里

                宇田川和義 

 



カレンダー

カテゴリ

  • 日記