2009年4月アーカイブ

 

佐白町自治会に、実物大恐竜アロサウルス(全長12m)を展示する、奥出雲多根自然博物館があります。

「宇宙の進化と生命の歴史」をテーマに化石約3,000点を展示、古代魚250点は全国一を誇る。

子供に夢と創造力を与えたいと、三城・多根弘師社長のコレクションと、宿泊・研修施設を備えています。

博物館.JPG

 

奥出雲「鉄の彫刻美術館」オープン

|

 

ニューヨークを中心に,鋼鉄のモニュメント彫刻で世界的に知られた故下田治氏

その作品44点を展示する「鉄の彫刻美術館」が奥出雲町にオープンしました

第一級の「鉄の芸術品」が、これだけ鑑賞できる施設は全国でも類を見ないものです。

 IMG_3406.JPG

山菜の王「たらの芽」

|

 

田んぼに水を張る頃、野山に「たらの芽」が芽吹くのが楽しみです。

高さ4~5mまで伸びた、トゲのある茎の先端から採取するため少々厄介。

天ぷらで食べる天然「たらの芽」の美味しさは、まさに山菜の王!

たらの芽.JPG

神話の舞台奥出雲に「神楽」誕生

|

 

奥出雲は、全国で演じられる代表的な神楽「ヤマタノオロチ」 神話舞台の地です。

このたび、神話発祥の地にふさわしく「奥出雲神楽社中」が結成されました。

今月12日、町民に神楽の発表会が行われ、勇壮な「「ヤマタノオロチ退治」のお披露目をしました。

神楽3.JPG

故郷への想い満開

|

 

奥出雲志学荒神社周辺には、昭和60年に700本の桜が植栽されています。

美しい故郷を願い、メガネの三城創業者多根良尾氏が植栽されたものです。

今年もふるさとへの想いが満開を迎え、私たちの心を温かく和ませてくれます。

 桜公園.JPG

トロッコ列車「奥出雲おろち号」

|

 

自然豊な奥出雲を走る、JR木次線のトロッコ列車の運行が今年も始まりました

風を受けるトロッコ列車で、三段式スイッチバックの中国山脈越えは爽快です。

車内では、ボランテアガイドと沿線の特産品販売も楽しみの一つです。

トロッコ.JPG

 

つくし誰の子♪すぎなの子♪

|

 

畑や道端の地面から、次々と「つくし」が出ているのを見かけます。

奥出雲では「つくしんぼ」と言い、春の山菜として佃煮で味わいます。

「つくし」は春の季語、そろそろ農作業が始まる頃を教えます。

つくし.JPG

 

平成のオロチ退治(2)

|

 

尾原ダム湖に架かるメイン橋(全長252m・高さ53m)がほぼ完成している

下流の洪水防止、水源利用、ダム湖交流など、新たな歴史がこれから始まる

かって、111戸の生活が営まれた歴史が湖底にあったことを忘れぬようにと・・・

DAMU.JPG



 

カレンダー

カテゴリ

  • 日記