2010年2月アーカイブ

 

県境(奥出雲町)に連なる中国山地は、「比婆道後帝釈国定公園」に指定されている

比婆山(1,264m)船通山(1,142m)吾妻山(1,239m)など古代神話の舞台でもある。

佐白から上布施の峠は、その美しい山並みが遠望できる「眺望の丘」と呼ばれている。

吾妻山.JPG

眺望の丘より、中国山地の山並み(船通山・吾妻山等)を望む

 眺望の丘.JPG佐白:上布施峠

  

奥出雲の島根リハビリテーション学院で学ぶ生徒さんは、地域との交流を自主的に行っている。

お年寄りを学院に招き、病気やケガなどの回復を助ける作業療法(工作、手芸など)を一緒に体験

楽しく交流しており、奥出雲ならではの校風と、取り組みに感銘をうけます。

リハ交流.JPG

 お年寄りと手芸で交流、他に陶芸など8コースに70人が参加。

島リハ.JPG

島根リハビリテーション学院~奥出雲町設立・4年専門学校

雪化粧にも"春遠からじ"

|

 

この時期、山々にやわらかい雪化粧が来るが、ふもとは”春遠からじ”です。

中世に城を構えた菅火野山(現在は、城山)山頂は、奥出雲の山並み撮影スポット

ドラマ「砂の器」もここからロケが行われました。頂上は電波塔に占拠されて・・・

   

城山.JPG

古代には社があった菅火野山(現在は、城山)

雪化粧.JPG

大人山・・・春遠からじの雪化粧

   

安全安心な、環境にやさしい仁多米の生産を図り、一層の仁多米ブランド米を確立しようと、

米農家約400名が参加し、仁多米振興大会が開かれた。栽培の研究報告と講演会(米食味鑑定士

協会:鈴木会長、料理研究家中村成子氏と作家池田香代子氏の対談)などがあった。

仁多米振興大会.JPG

 仁多米振興大会2.JPG

「世界がもし100人の村だったら」の著者池田香代子氏と中村成子氏の対談

私もコ-ディネ-タ-を務める。(奥出雲町:カルチャープラザ仁多) 

  

神話ヤマタノオロチに登場するスサノオノミコトの妻、奇稲田姫の生誕地は奥出雲横田。

 その玄関JR出雲横田駅は、昭和9年開業当時の入母屋造の駅舎で、腕木式信号機も保存。

しめ縄のかかる神社造りの駅舎は、稲田神社を模している。 (愛称:奇稲田姫駅)

横田駅.JPG

 稲田姫.JPG

駅前にある、奇稲田姫(クシナダヒメ)像~JR出雲横田駅

食と農の学校・・・一味同心塾

|

 

環境が危ぶまれ、食の安全性、食のあり方が問われ、食育の必要性が浮上しています。

一味同心塾では、命を育む食の大切さ、食材を育む農の大切さ、家庭の味の大切さについて

料理研究家中村成子館長による「食と農の学校」が、町内の小学生を対象に行われています。

一味同心子供.JPG

一味子供2.JPG

中村成子館長から学ぶ、町立亀嵩小学校5.6年生(一味同心塾)

    

炉が壊されると、火柱を上げ、真っ赤に燃えたぎったものすごい迫力の大きな鉧(けら)が現れた。 

鉄師の魂と秘伝の技で生まれた、その様はまさにオロチの出現!と実感しました。

三日三晩命がけの操業、炎と粉塵と汗にまみれた村下たちの顔に笑顔がこぼれました。

 oroti.JPG

keradashi.JPG

厳寒の未明、緊張のケラだし(2/6日刀保たたら)

 

"のれん"のかかる駅・・・JR八川駅

|

 

昭和9年開業当時のままの改札口に、「ふれ合って人を知る、さがし歩いてものを知る、

といかけてことを知る、やっぱり八川はおもしろい・・・」こんなのれんがかかった八川駅。

昨年12月駅舎が町で修繕されたが、原型を残したリニューアルに住民も嬉しそうです!

八川駅.JPG

松竹映画「砂の器」では亀嵩駅の駅舎にもなった、JR木次線八川駅

佐白の杵築(大社)さんで節分祭

|

   

昔から佐白の杵築(きづき)さんと呼ばれる、大社/出雲教分社の佐白教会(神社)で

節分祭があり、忘れずやってきた節分寒波と共に、邪気を払う豆まきをしました。

佐白の杵築さんは「杓子祭り」で、近郷近在の参拝で大変賑わった歴史があります。 

 節分.JPG

節分祭では、「茅の輪」(厄除け)を授かります。

茅の輪.JPG

(さっそく我が家も玄関に取り付けました) 

 

きのこの女王と言われ、栄養価も高く、最近は免疫力を高める効果に注目の舞茸ですが、

町の三セク「舞茸奥出雲」では地元産広葉樹使用と自然環境にこだわった栽培をしています。

品質、食感に優れた舞茸は、町内3工場で生産が追いつかない人気の特産品に成長しています。

舞茸.JPG

新鮮な舞茸を販売する直売所~延命水に隣接しています。



 

カレンダー

カテゴリ

  • 日記