2010年4月21日アーカイブ

  

布の手芸・パッチワークで故郷の暮らしをやさしく表現する「綿恋くらぶ」

布勢地区の20~80代の女性16人、作品にはおばあちゃん達の智恵が活きている。

ぬくもりのある作品から、ふるさとを愛するメンバーの気持ちが伝わる。

綿恋1.JPG

奥出雲の暮らし・自然を紹介する作品展(奥出雲佐白・アトリエえん)

綿恋2.JPG

大作「県立自然公園鬼の舌震」、立体的な作品作りが特徴

綿恋3.JPG

八代川オオサンショウウオの保護観察