2012年11月アーカイブ

   

 観光庁ランナーズインフォメーション研究所(所長:元マラソンランナー高橋尚子氏)では、

全国で①ランニング、②ウォーキング、③サイクリングの認定コースを選んでいます。

このたび、日本第1号のサイクリングコースに、さくらおろち湖サイクリングロード(12.3㎞)が

認定を受けました。(10月20日)

温泉・宿泊・自然・ダム湖を駆け抜ける道・・・など家族で楽しめる魅力が認められました。

 

 saikuru.jpg

  「尾原ダム」サイクリングコース(雲南市・奥出雲町)

湖面はボート競技施設

晩秋の奥出雲・紅葉と雪化粧の山々

|

   

秋祭りが終わり、奥出雲の山々は晩秋の紅葉に染まっています。

零下の朝を迎える日も多くなり、先日は初雪に見舞われました。

古事記神話の舞台「鳥髪の峰(船通山)」は、山肌が雪化粧をしています。

船通山2.JPG

船通山 (標高1,143㍍)、 ヤマタノオロチ退治神話の山:奥出雲町鳥上

玉峰山2.JPG

玉峰山 (標高820㍍) 玉作りの神宿る霊山:奥出雲町亀嵩

045.JPG

一畑山と志學荒神社  目の守護神を祀る信仰の山:奥出雲町佐白

大樹が語りかける悠久の奥出雲

|

     

推定樹齢400年の大イチョウが、命の尊さと歴史の深さを語りかけています。

奥出雲の人々の暮らしを見守り、人々からは生きる励みとして慕われた大イチョウ。

2億数千年前の原生種で、現代の生きた化石といわれる「銀杏」は、長寿の象徴でもあります。

102.JPG

103.JPG

104.JPG

  1300年開山 日蓮宗 金言寺 (奥出雲町馬木)

105.JPG

106.JPG

   

本年5月本格オープンの「長寿の湯」では、11月4日に3万人目のお客様を迎えた。

3万人目の、米子市からご家族で訪れたお客様に「仁多米」と稲わら製「宝船」をプレゼント。

高アルカリ泉質で、“お肌つるつる”の美肌温泉が好評で、当初の年間目標を半年で達成!

3万人1.JPG

施設を運営する、NPO奥出雲布勢の郷中林英清理事長より、3万人目の来場者に記念品贈呈

3万人2.JPG

新稲わらで製作した「宝船」を受け取り、感激する3万人目のご家族

3万人3.JPG

尾原ダム周辺整備による交流施設。斐伊川の水没地域の石で造られた岩風呂

古事記紹介の温泉を今の我々も楽しんでいる。 この温泉も1000年先・未来への贈りもの!