2013年2月アーカイブ

奥出雲町ご出身のご活躍!

|

 

2月20日(水)、27日(水)放送の、NHK「探検バクモン」(22:55~23:25)

この番組で、日本の国宝など収蔵品11万件と世界に誇る、東京国立博物館

が二週連続で紹介されます。

この番組で登場する 同館で収蔵品の保存修復の責任者である神庭信幸氏

は、奥出雲町(旧仁多町)馬馳のご出身です。

我が国は勿論人類の宝を後世に伝えるご活躍に感銘を受けます。

番組ホームページhttp://www.nhk.or.jp/bakumon/

   

自然、歴史、産業、文化などの郷土の誇りが「かるた」で語られている

郷土の先人から、未来を託す子供たちへのメッセージでもある

県下の名所47句に、奥出雲の誇るべき自然や伝統的な産業が登場

006.JPG

鬼の舌震は、島根を代表する、古くからの名所として郷土かるたで紹介

「いろは文字の練習は勿論、郷土愛好の精神を養わん・・・」と昭和7年に制作(復刻版)

karuta1.JPG

雲州そろばんの生産地・全国的な名声を誇ったそろばんの町として奥出雲を紹介

karuta2.JPG

旧仁多町で故石原大武氏の描かれた日本画による価値ある郷土かるた(昭和61年に発行)

「第20回しまね景観賞」受賞

|

   

島根の魅力ある景観づくりに貢献と認め県知事が表彰する「しまね景観賞」

今年度9件が受賞、うち3件は奥出雲町関連から選ばれています。

奥出雲町では、積極的に快適で文化の薫り高いまちづくりを推進しています。

尾原ダム.jpg

「優秀賞」さくらおろち湖(尾原ダム)湖岸道路から、美しい湖面と山々がバランス良く眺められます。

斐伊川源流.jpg

「奨励賞」斐伊川源流親水公園・ワクワクプール~水辺のプールは付近から湧き出る温泉水を利用

亀小.jpg

「奨励賞」奥出雲町立亀嵩小学校 地元産の木材を使用し、環境に配慮した温もりある校舎

真冬の奥出雲体感ツアー開催

|

       

「雪にすっぽり埋もれた田舎体験をしてみませんか」というツアーが行われました

お味噌づくり、藁ぞうりづくり、地元の料理体験など真冬の奥出雲暮らし体験です。

二泊三日で、関西方面方から23名の参加がありました。(宿泊は奥出雲多根自然博物館)

CIMG2139.JPG

すでに奥出雲町にIターンしている方、地元住民との楽しい交流会(佐白温泉・長者の湯)

主催は、尾原ダム地域の活性化をめざす「NPOさくらおろち」 

CIMG2146.JPG

奥出雲町担当者から、Iターンを考えている方などに町の支援内容の説明がありました

近年、奥出雲で農業を志す若者夫婦などのIターンが増えています。

CIMG2154.JPG

奥出雲の民話を仁多弁で語る紙芝居。方言に神妙な表情の子供たち

CIMG2144.JPG

           猪肉、鹿肉や、ダム湖から釣上げたアマサギを炭火焼。お酒は竹筒で熱燗に

           NPO亀山理事長(右側)の心づくしのおもてなしです

    

佐白温泉・長者の湯で「新春川柳大会」が開催されました。

題は「長者の湯」「美肌」。講師はユーモアたっぷりの川柳作家・長谷川博子先生。

五七五で語る楽しい温泉のエピソードの続出に会場は温かく盛り上がりました。

CIMG2125.JPG

ひそかに託す心のうちが披露され大爆笑。老いも若きも楽しめる川柳の魅力実感しました。

CIMG2121.JPG

協力:奥出雲町「斐の上川柳会」  参加者:約30名~隠れた才能発揮の人発見です!

CIMG2136.JPG

CIMG2137.JPG

つるつる美肌湯で好評の長者の湯。 川柳にも実感が込めれています。 

人類至高の芸術を故郷に

|

   

美術史上の最高峰にある、ミケランジェロの代表作「ダビデ像」

古代ギリシャで制作され、フランスの至宝となった「ミロのビーナス像」

日本の教科書でも必ず目にし、世界中の人々を魅了する彫刻です。

ヨーロッパで人類永遠の芸術に感動された若槻一夫氏(広島在住)

より、ふるさと奥出雲町にご寄付されたものです。

dabide.JPG

ルネサンスの天才、ミケランジェロの代表作「ダビデ像」  (三成運動公園)

(大理石復元作品:イタリアの著名な彫刻家エンツォパスクイニ氏制作)

meibann.JPG

ダビデ像の銘板「我が故郷に思いを寄せて」

若槻氏の永年にわたる故郷への感謝と貢献

miro.JPG

 愛と美の象徴と謳われる「ビーナス像」 奥出雲町(みなり遊園地)

(ルーブル美術館の実物は,海外で唯一日本で特別展示され数百万人の国民が鑑賞しました。)

節分で授かる「茅の輪」

|

 

地元で杵築(きづき)さんと呼ぶ「出雲大社出雲教佐白教会」の節分祭が行われました。

この節分祭で、スサノオノミコトが災禍を免れるため授けられる「茅の輪」を戴きます。

各家庭ではこの茅の輪を一年間玄関に飾り、無病息災のご加護を受けます。

008.JPG

本日(3日)の節分祭で授かった「茅の輪」をさっそく玄関に飾り付けました。