2015年8月アーカイブ

古より変わらない奥出雲の山々と自然が飛び込んでくるトロッコ列車

都会地の皆様にとって、この何気ない田舎の景色がなんとも新鮮に映り好評

団塊世代の青春を運んだかっての鉄道沿線風景は、我々にも懐かしく楽しい

トロッコ11.JPG

お米の郷奥出雲を物語る、仁多米の水田が美しく彩ります

IMG_2500.JPG

新鮮な緑の風は、自然に子供の笑顔を呼び込みます

トロッコ22.JPG

スサノオが降り立った神話の山「鳥髪の峰(船通山)」をトロッコから望む

DSCN0261.JPG

斐伊川支流の清らかな川沿いを走る、トロッコ列車「奥出雲おろち号」

佐白あたごまつり

|

昭和30年代には、村人を驚かす山車が繰り出し賑わった佐白の夏祭(愛宕さん)

1年に一度の夏のイベントを、今年は当家として祭典行事を担当しました。

出し物は、神楽、盆踊りと恒例ながら飽きのこない楽しみです(8月22日)

atago1.JPG

「愛宕大権現」を祀るのは地元の玉雲寺。仏式の祭礼です。

atago2.JPG

布勢地区の「八代子供盆踊り」は夏休みの伝統行事です

atago3.JPG

奥出雲神代神楽社中による「ヤマタノオロチ退治」で夏祭りは最高潮に!

奥出雲町合併10周年を記念して「夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会」開催

1928年に「国民保険体操」として始められ、夏休みの早朝ラジオ体操が懐かしい

本日8月19日、奥出雲町から電波に乗せて、全国・世界に生中継されました

t.JPG

体操指導はおなじみの西川佳克さん、ピアノは名川太郎さん。

t2.JPG

参加者1300人と発表されました(奥出雲町・三成公園陸上競技場)t4.JPG

t5.JPG

旧仁多町の2回を含め、奥出雲町から3回目の全国放送となりました。

旧石器時代(3~1万5千年前)の調理施設跡が確認された奥出雲町の「原田遺跡」

神話の大河・斐伊川に建設された尾原ダム湖底の佐白・旧前布施地区にあります

ダム湖の渇水により、その場所が現れ古のロマンを訪ねることができます

原田遺跡.jpg

左手前が遺跡の中心地~奥出雲町佐白・旧前布施地区

ダム遺跡.jpg

川沿いから、人が住みはじめたと思われます

原田遺跡3.jpg

確認された生活跡では、最古の遺跡であることがわかります