高尾小学校、三成小学校の生徒が炭焼き体験

|

 9月7日 高尾小学校3~4年生、三成小学校4年生が合同で、やま子会の炭焼き窯で炭焼き体験学習を行いました。

 最初に、生徒代表がみんなに挨拶を行い、続いて長谷川やま子会々長が炭焼きの仕組みや流れについて話を聞きました 。

 いよいよ体験学習の始まりです。まずカマの口を開け、炭出しにとりかかりました。マスクはしているものの、鼻の穴周辺を真っ黒にしながら、悪戦苦闘お互い鼻の周りのスミの付き具合を批評、はかりの上に載せ、重量を合わせて終了。時々カマの中に、代わるがわる入っては様子を見学。

 今度は、炭の元となる木をカマの中に入れ、並べて立て中をいっぱいにしました。そしてカマの口をふさいで一段落。 

 次に、直径50~60㎝の丸太を、「マキ割り機」で割る、機械の操作を体験「わぁースゴイ」などと歓声を上げていました。

最後は、お待ちかねの昼食会です。やま子会や三成公民館などの皆さんが作った、豚汁やおにぎりなど美味しいものをお腹一杯食べました。満足したところで、生徒さんが終わりのあいさつをして、楽しい体験学習の一日が終わりました。

 また、今回は特に研究課題として、色々な野菜などが炭化するとどうなるのか?、をテーマにカマ木とともに、野菜をいっしょに入れてフタをしました。次回炭出しのとき一体どうなっているのか楽しみです。

 

 s-DSCN3366.jpg

 

 

 s-DSCN3355.jpg

 

 

s-DSCN3386.jpg

 

 

s-DSCN3364.jpg

 

 

s-DSCN3372.jpg

 





ProFile

やま子会

 

prof.jpg

島根県仁多郡奥出雲町三成

 美女原(びじょばら)地内

★炭焼き窯(一基)の運営

★木炭の製造販売

★薪、木酢液の販売

★各種イベント

 

★会      員

 代    表    長谷川 重夫

 副代表    松原 征洋

 会    計    川西 範昌

                  藤原 良和

                  川西 孝行

                  西村 紀一郎

                  藤原 保雄

                  家熊  猛

                  内田 勝幸

                  渡部 正弘

                  鶴原 英樹

                  村田 とも子

                  渡部 雅男

                  橋本 守庸

     宮中 清則

     梅木  実



カレンダー

カテゴリ