病院で止められても歩く

|

6月15日鳥取県倉吉市で行われたSAN-IN未来ウオークに参加

当日は、から梅雨の合間の、我が家の田んぼにとっては恵みの雨の一日

朝五時過ぎに出発、安来からは山陰道でゆっくり2時間半かかって会場についた

DSC01591.jpg

DSC01592.jpg

8時、倉敷パークスクエア出発 天神川沿いを「はわい温泉」そして東郷湖畔へ

雨は降ったりやんだりで、雨具や傘は手放せない

 

3日前に足を痛め、仕事を早退して病院へいった。

かがとにつけるジェル状の補装具を6,000円で購入、「土日は安静に」の医者の言葉を無視

でもいつもより、慎重にゆっくり最後尾付近をキープして20kmを完歩した

 

東郷湖畔には 出雲山や大国主命の娘(下照姫命)が祭ってある倭文神社(しとりじんじゃ)があり、碑文には出雲との縁が記してあった。

倭文神社は安産の社とのこと。ちょっと関係ないかも。といいつつ、孫・・・孫・・・(見たいよなんて) 

DSC01595.jpg

すっかり ソフトバンクのコマーシャルで有名になった「はわい温泉」

 

ゴール近くには「あやめ池公園」がある。

はすの花、あやめ ・・ゆっくり散策したいな。

途中、足湯があったり、温泉たまごの接待があったり、とても元気な地元のボランティアおばちゃんに気を使ってもらったり、足を気にしながらのウオーキングだったけど、楽しく歩くことができた。

DSC01601.jpg

20kmのゴールは「燕趙園」 シジミ汁のもてなし。

燕趙園の無料風呂券もいただき、のんびりお風呂にも入り、一日を終えることができた。

 

 

夏ってウオーキングあまりないんです。

高齢者多いし、熱中症も心配だし、秋まで自宅待機。

なにか、自分で考えようかな。