みつぎに感(謝)歩

|

 夏休み「縁」あって訪れた尾道の帰りに立ち寄った道の駅クロスロードみつぎで大会を知った。早速申し込み、地区民運動会の翌日という最悪のコンディションにも負けず(リレーで足は痛いわ!飲みすぎで胃は重いわ!)我が家を6時30分に出発した。

高野からは松江道、三次からは尾道に向かって一般道を南下、かろうじて開会式に間に合った。(雲ひとつないすばらしい晴天)

開会式は、備後かわち太鼓のアトラクションや主催者の挨拶、準備体操があり、9時30分出発 参加者総数300名くらいとのことDSC01646.jpgDSC01647.jpg

DSC01648.jpgDSC01649.jpgコースはA~Cコースにわかれ、Cコース(最長コース)里山の名水・いきいきロードフルコース14kmを歩いた。山あいのアップダウンの道、点在する家々は、奥出雲町と似た風景。ところどころに彼岸花がきれいに咲いていた。岩倉寺の「岩倉乃名水」は地下108mよりくみ上げられたおいしい水だった。(一休み)

 DSC01651.jpg

DSC01652.jpg

DSC01653.jpg

 

コースの途中には「おもてなしコーナー」もあり、特に天気がよかったので、熱中症を気遣ってもらった。(お茶はもちろん、トマトやかき氷に暑さもふきとんだ)みつぎ川に沿った「いきいきロード」は特に歩きやすい道だった。川には大きすぎる鯉やキラキラ光る川魚、亀、鴨、鷺が目を楽しませてくれた。Bコースのゴール付近では中学生とハイタッチ。御調高校はソフトボールで有名らしい。DSC01655.jpg

御調高校の脇をぬけ、一気に坂を上りきった先に運動公園(ソフトボール球場 グランドゴルフ場)があり、その先の「圓鍔勝三彫刻美術館」に立ち寄った。庭園には彫刻が多数あり、また眺望も最高だった。

DSC01656.jpg

DSC01657.jpg

ゴールは「尾道ふれあいの里」ここでも中学生とハイタッチでゴール。浅漬けのきゅうりが串にさしてあるきゅうりアイスや野菜カレーをいただき、閉会式そして特産品があたる抽選会と楽しみは続いた。1等はみつぎの新米1袋などなど。

運よく「テルちゃんキムチ」をゲット。今も食卓に並んでいる。食が進む。(おいし~い)。隣接している、天然温泉「尾道ふれあいの里」で汗を流した。ウオーキングの後は、お風呂に限る。たぶんビールも最高だろうが、車を運転するので試したことはない。みつぎのウオーキング ごちそうさまでした。次回まで仕事がんばります。

DSC01660.jpg

 DSC01663.jpg

 DSC01665.jpg