2013年10月アーカイブ

神在月こそお願いを

|

10月26日(土)松江の「第11回 松江神在月 だんだんウオーク」に行ってきた。

台風27号の影響で天気も神頼み(ウオーキング中は雨は降らなかったが、終わって車に乗った瞬間雨が降り出した。正に神の配慮)。20kmのスタートが8時ということで、6時30分我が家を出発。例年、宍道湖畔の末次公園がスタート場所だが、今年は松江城山公園(二の丸)がスタート場所。「しまねっこ」も応援に来てくれて、おまけにツーショットで写真におさまって(それは内緒)、興奮気味にスタートした。20kmは100名前後でやや寂しい感じだった。

DSC01737.jpg

DSC01738.jpg

DSC01739.jpg

コースは2年まえと同じ「風土記コース」、松江城から市立体育館横を通り、剣先川沿いを歩き、松江道の縁結び大橋を渡る。高速道路の歩道を歩く。2年前は矢田の渡しを船で渡ったのに2年後には高速道路上を歩く。矢田の渡しも廃止され、時の流れを感じるのもウオーキングの楽しみ。DSC01742.jpg

DSC01743.jpg

矢田町からひとつ峠を越えて、国分寺跡や天平古道、出雲国府跡を歩き、風土記の丘 出雲かんべの里でチェックポイントと給水所。あわし柿と足湯のサービス。あわし柿ひとり1個の注意書きを神奈川県から参加したおばちゃんと無視してもう1個いただいた。(美味しかった) そこから、神魂神社(伊邪那岐神 いざなぎのかみ 日本の祖父神 伊邪那美神 いざなみのかみ 日本の祖母神が祭られている)、はにわロード、八重垣神社はまさにパワースポット。そして神在月、しっかりお願い事をした。(叶いますように)DSC01745.jpg

DSC01746.jpg

DSC01747.jpg

パワースポットで元気をもらい、湖南中の横から県立大学松江キャンパスをとおり一気に宍道湖畔へ出た。台風の余波で波立った宍道湖を横目にラストスパート。テレビで紹介されたキタガキのおいしいコロッケ(1個100円)を食べた。そう言えば、今日は朝ごはんも昼ごはんも食べずにがんばった。ゴールでは、お侍さんと忍者の出迎えをうけ、美味しい豚汁をいただく。城内で出雲ぜんざいやそばも食べて家路についた。八百万(やおよろず)の神に祈り、パワーをもらったウオーキングだった。島根にいながら、まだまだ知らない場所ってあるんだろうな。ウオーキングをとおしてもっと人や風景に出会いたいものだ。

初参加 深入山をぐるっとまわる

|

広島県安芸太田の「もみじウオーク」に10月13日行ってきた。

当日5時30分我が家を出発。高野から松江道、中国自動車道を西へ戸河内IC下車、下道を深入山 恐羅漢山 三段峡エリヤに向かって走る。8時過ぎに主会場「深入山グリーンシャワー」に到着。雲ひとつない、最高の空と秋を感じるすすきの原野、ひんやりした空気、マイナスイオンたっぷり。DSC01696.jpg

開会式は、いつものパターン。後半登山道も歩くので、ストレッチは入念に行った。式には、ご当地ゆるキャラ「もりみん」登場。ゆるキャラグランプリで苦戦中とのアナウンス。

DSC01697.jpg

DSC01698.jpg

ウオーキングは20キロを歩いた。深入山を周回し、聖湖に注ぐ三段峡沿いを餅ノ木峠までの往復のコース。もみじウオークの由来は紅葉が美しい渓谷沿いを歩くからでしょうか。途中には2ヶ所の給水所があり、漬物やぜんざい、果物の差し入れがあった。信号もなく、車も少なく、家も少なく、のんびりとした気持ちのいいコースだった。ただ、アップダウンが激しく、もくもくと歩いた感はあった。2週間前に歩いた神戸とはま逆のウオーク。いろんな日本を歩けるのも楽しみのひとつ。DSC01699.jpg

DSC01700.jpg

DSC01701.jpg

DSC01705.jpg

DSC01708.jpg

DSC01709.jpg

最後の1kmは深入山の登山道、その先にゴールの「深入山グリーンシャワー」が見えた。ゴールした人や行楽に訪れた人たちでにぎわっていた。歌手の丸本莉子さんのステージ、AKBではなくAKOと名づけられた地元役場の年齢不詳の女子職員のステージなど。やまめやあゆの塩焼きのいいにおい。おなかも満たされ、つらかった急坂の疲れも取れ、今回も楽しいウオーキングでした。登り易そうな深入山にはいつか登山に来てみたい。(こんなに天気がよくて、気分がいい日に)DSC01714.jpgDSC01719.jpg

DSC01721.jpgDSC01720.jpg

9月23日(日)広島県御調町(みつぎちょう)を歩いてから2週間後の10月5日(土)神戸の20kmを歩いた。

「みなと町神戸ツーデーマーチ」。10月4日(土)午後から我が家を出発。東城から中国自動車道 神戸三田から都市交通やら新神戸トンネルやら六甲道路やらナビのいうとおり神戸の町に到着した。花の金曜日午後6時、手に汗にぎっての運転だった。無事ホテルに着いた時、初めて阪神高速道路やポートタワーが目に飛び込んできた。

DSC01670.jpg

DSC01668.jpg

  当日は曇り、一時雨。

出発式は陸上の朝原宣治さんやいつもの3P体操のおばちゃん達と華やかな雰囲気の中で行われた。

 DSC01674.jpg

DSC01677.jpgDSC01675.jpg

東遊園地には「1,17希望の灯り」など阪神淡路大震災の鎮魂の碑が多くあった。歩きながら自然と手を合わせた。(下の写真「マリーナ像」、時計の針は地震のあった5時46分を指していた)

DSC01678.jpg

DSC01679.jpg

北野天満神社の前をとおり、北野異人館、風見鶏の館を歩いた。以前家族旅行で訪れたことがあったが、まさかウオーキングで訪れるとは思わなかった。(人生とは実に愉快なもの) 

DSC01680.jpg

DSC01681.jpg

長田区に入る。この地も震災当時、毎日のように報道された地域だ。今は見た目には完全に復興していた。そんな長田区の若松公園にとても懐かしい「鉄人28号」がいました。昭和38年から放送された鉄人28号は漫画のなかで太平洋戦争の末期、旧陸軍が起死回生の秘密兵器として開発していた巨大ロボットが戦後あらわれ、悪人をやっつけていくというストーリーでした。鉄人28号に会うのもこのウオーキングの目的のひとつ。その近くの商店街のうどん屋さんで昼食を取った。

DSC01684.jpg

町中を歩き続けた神戸のウオーキング。キャナルプロムナードやメリケンパーク、あっという間の20kmだった。

DSC01683.jpg

DSC01692.jpg

DSC01694.jpg

ウオーキングの後は、恒例のお風呂へ直行 今回は「神戸クアハウス」 お風呂の後、少し仮眠をとった。

来年またチャンスがあればチャレンジしよう。また来てみたい神戸。

大きな被害があって、そこから立ち上がって、すごいと感じた神戸。

がんばろう日本